今年のセンバツ大会には兵庫県勢からは神戸国際大附東播磨の2校が出場する。神戸国際大附は近畿大会で8強入りで4年ぶり5度目となる選出。東播磨は県大会準優勝、近畿大会出場を果たし21世紀枠で初選出となった。

 近年のセンバツ大会で兵庫勢は一昨年の第91回大会で明石商が、2017年の第89回大会でも報徳学園がともに4強入りを果たしており、全国の舞台でも好成績を残している。また、過去10大会で8強以上の成績を残しているチームは以下の通り。

2011年 第83回大会
加古川北 8強

2016年 第88回大会
明石商 8強

2017年 第89回大会
報徳学園 4強

2019年 第91回大会
明石商 4強

 兵庫県勢は過去10大会で4度、ベスト8以上の成績を残しており、近年は公立校の躍進も期勝っている。また県勢から過去10大会では、2010年(神戸国際大附神港学園)、2011年(加古川北報徳学園)、2016年(明石商長田)、2017年(報徳学園神戸国際大附)と今大会を含めて5度、2校以上が出場している。そして、2012年の洲本、2016年の長田に続き21世紀の選出も兵庫から3度目となり、全国的にもハイレベルなチームが多いことを表している。

 

 近年の最高成績は2019年の明石商の4強だが、兵庫県勢のセンバツ優勝回数は6度を誇り、直近では2002年に報徳学園が達成している。

 そして今回一般枠で出場する神戸国際大附は2005年の第77回大会では4強入りを果たしているが、その後出場した2大会では初戦敗退を喫しており、勝ち星を得られていない。今大会は同校としては16年ぶりのセンバツ白星がかかっている。

 そして21世紀枠を勝ち取った東播磨は初出場だが、同校を率いる福村順一監督は2011年の第83回大会では加古川北の監督としてセンバツ8強入りを経験している。今大会は自身3度目の甲子園となり公立の知将としての手腕にも注目が集まる。

 今大会、近畿地区からは奈良(智辯学園天理)とともに2校選出を果たした兵庫県勢。県勢としては19年ぶりのセンバツ優勝に期待がかかる。

関連記事
センバツに出場する「公立の知将」たち
【一覧】選抜出場全32校リスト
緻密な機動力野球で強豪校を次々と撃破。名将率いる東播磨(兵庫)は来夏まで侮れない!