2016年。つまり98年生まれの世代は投手大豊作といわれる世代だが、これは千葉県も同様だ。面白いのは引退している投手や独立リーグから這い上がってプロ入りしている投手もいる。

【NPB】
早川 隆久木更津総合-早稲田大)2020年東北楽天1位
横芝敬愛横芝敬愛-徳島インディゴソックス)2017年埼玉西武3位
小沼 健太東総工-BC埼玉武蔵-BC新潟)2020年千葉ロッテ育成2位

【社会人】
日暮 寛太東京学館船橋-北海道ガス)

【引退】
島 孝明(東海大市原望洋-千葉ロッテ)
川口 廉千葉黎明-JFE東日本)
浅野 辰樹中央学院-立正大)

 早川と同じ横芝中で、エースだった川口は千葉黎明に進んで二度の関東大会出場。140キロ前後の速球を投げるまでに成長したが、JFE東日本で思うような活躍ができず現役引退を決めている。

 また野球ファンの驚きは島野引退だろう。150キロを超える剛速球で、関東大会出場。さらに日本代表にも選ばれ、ドラフト3位。残念ながら高卒3年を終えて引退してしまうのは、当時は想像できなかった。

 県内ではトップレベルの好投手として目されていた伊藤は高卒1年で、シーズンMVP、チャンピオンシップMVP、独立リーグ日本一に貢献し、グラウンドチャンピオンシップでもMVP入りし、、まさに独立リーグ球界に現れたシンデレラボーイとなり、埼玉西武から3位指名。小沼は独立リーグで下積みを続けNPB入を叶えた。対象的な人生を送っているのはとても興味深い。

 また尾身 健太朗成田-国際武道大)は主力投手として活躍するなど、卒業後の活躍にも期待がかかる。

 改めてこの世代の千葉はいろいろな舞台に分かれて活躍をしていてとても興味深い。どの分野でも活躍することを期待したい。

関連記事
【選手名鑑】高校時代の早川 隆久 (木更津総合)
【選手名鑑】高校時代の伊藤 翔 (金沢桜丘)
千葉県出身、そしてドラ1となった藤平尚真(横浜出身)と早川隆久(木更津総合出身)の活躍に期待