中学野球の日本代表チームはいくつか存在するが、中でもボーイズリーグの日本代表は毎年多くの選手が高校野球でも活躍を見せ、プロ野球選手も多く輩出している。昨年のドラフト会議では、細川 凌平(京都東山ボーイズー智辯和歌山)、桑原 秀侍(熊本中央ボーイズー神村学園)、仲三河 優太(小山ボーイズー大阪桐蔭)、井上 朋也(生駒ボーイズー花咲徳栄)の4名が指名を受けた。

 今回は、2018年のボーイズ日本代表選手を振り返っていき、現在の活躍を見ていく。当時の選手たちは現在の高校2年生となり、チームを引っ張る立場となった。まずは出身チームと現在所属する高校を見ていく。

荒井 駿也(東村山中央ボーイズ)慶應義塾
三輪 拓未(東京城南ボーイズ)常総学院
永井 龍樹(武蔵狭山ボーイズ)明秀学園日立
大塚 瑠晏(小山ボーイズ)東海大相模
松本 龍哉(郡山ボーイズ)盛岡大附
星 憂芽(小山ボーイズ)日大三
平口 寛人(愛知名港ボーイズ)愛工大名電
池田 惟音(菊川ボーイズ)静岡
宮下 隼輔(東海中央ボーイズ)大阪桐蔭
財原 光優(大阪東ボーイズ)明豊
高橋 令(紀州ボーイズ)智辯和歌山
南條 碧斗(京都南山城ボーイズ)報徳学園
早川 瞬(京都嵯峨野ボーイズ)龍谷大平安
藤原 夏暉(大阪和泉ボーイズ)大阪桐蔭
満田 悠生(広島廿日市ボーイズ)中京大中京
吉里 竜門(うるま東ボーイズ)健大高崎
松村 海李(熊本泗水ボーイズ)文徳
毛利 海大(鷹羽ボーイズ)福岡大大濠

 まずこの中で最もプロに近い活躍を見せてるのは、盛岡大附の松本 龍哉ではないだろうか。1年生時から試合で結果を残し続け、現在はチームの核弾頭として打線を牽引する。高校通算本塁打は30本を越えており、すでにドラフト候補として名前も挙がっている。

 また関東地区では、東海大相模大塚 瑠晏がスピード感溢れる守備で存在感を見せており、同じ小山ボーイズ出身の星 憂芽も俊足を武器に日大三の1番や3番打者を任されてる。長打力が武器の永井 龍樹も明秀学園日立でクリーンアップを張っており、三輪 拓未は強打の遊撃手として常総学院の3番に、さらに沖縄・うるま東ボーイズ出身の吉里 竜門健大高崎で2番・遊撃手のポジションを獲得し、強力なクリーンナップへの繋ぎ役を担っている。

 東海地区では、静岡池田 惟音が4番として長打力を発揮しており、愛工大名電に進んだ平口 寛人も安定感のあるサウスポーとして、エースの田村 俊介と双璧をなしている。広島廿日市ボーイズ出身の満田 悠生中京大中京に進学し、9番打者ながら高い守備力を買われてセカンドのレギュラーを掴んだ。

 関西地区に目を移すと、大阪桐蔭に進んだ宮下 隼輔藤原 夏暉の存在感が際立つ。宮下はパンチ力のある打撃で3番を任されており、藤原は安定感のある守備力を買われ遊撃手として活躍している。

 その他にも、報徳学園南條 碧斗は5番・捕手として強肩強打を発揮しており、龍谷大平安早川 瞬もセカンドのレギュラーを掴み、打撃でも2番や5番を任されている。

 そして九州地区では、福岡大大濠毛利 海大が昨秋に大車輪の活躍を見せた。制球力や変化球の精度が非常に高く、チームの九州大会準優勝に大きく貢献。安定感は九州でもトップクラスだ。また大阪東ボーイズ出身の財原 光優も、明豊の投手陣の一角に成長した。サイドハンドからキレのある直球を投げ込み、出場が濃厚な選抜甲子園でも活躍が期待される。

 冒頭でも述べたように、ボーイズリーグの日本代表からは毎年多くの選手がプロの世界に巣立ち、甲子園でも活躍をみせている。今年の選手たちもここからどんな成長を見せるのか注目していきたい。