【中国大会】決勝は下関国際と広島新庄!<31日の結果・トーナメント表>

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.31

【中国大会のトーナメント表をチェック!】

 31日、第135回秋季中国地区高等学校野球大会は県立浜山公園野球場にて準決勝2試合が行われた。

 第一試合、下関国際(山口2位)と米子東(鳥取2位)の対戦は、14安打12点をあげる猛攻とノーエラーの強固な守りを見せつけた下関国際が米子東を圧倒し、12対0で大勝。優勝に向けて、弾みをつけた。

 鳥取1位の鳥取城北と広島1位の広島新庄との一戦は、両者譲らぬ接戦に。しかし、7回に奪った1点が決勝点となり、4対3で広島新庄が勝利。2校が4強入りし注目された鳥取県勢であったが、ともに決勝進出を果たすことはできなかった。

 決勝は翌11月1日に行われ、下関国際広島新庄が激突する。今秋の中国大会を制するのはどちらのチームか、熱戦が期待される。

 

【中国2強】
下関国際(山口2位)
広島新庄(広島1位)

◇10月31日の試合結果

第135回 秋季中国地区高等学校野球大会
準決勝 下関国際 12  -  0   米子東 県立浜山球場 応援メッセージ (10)
広島新庄   4  -  3   鳥取城北 県立浜山球場 応援メッセージ (5)

◇11月1日の試合予定

第135回 秋季中国地区高等学校野球大会
決勝 広島新庄   3  -  2   下関国際 県立浜山球場 応援メッセージ (7)

■大会の詳細・応援メッセージ
第135回 秋季中国地区高等学校野球大会

【中国大会のトーナメント表をチェック!】

【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース 【ニュース - コラム】
第162回 交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース【高校野球コラム】
明徳義塾vs鳥取城北【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
札幌大谷vs米子東【第91回選抜高等学校野球大会】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
米子東vs市立呉【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
下関国際 【高校別データ】
鳥取城北 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2メートルの大型右腕が常勝軍団へ!秋広優人(二松学舎大附)が5巡目で読売ジャイアンツから投手として指名受ける!
次の記事:
決勝は大阪桐蔭vs智辯学園!31日に行われた準決勝2試合を徹底レポート!【秋季近畿大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る