石川昂、石垣、石橋、根尾、岡林などワクワク感満載の22歳以下の中日の若手野手たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.08

石川昂弥(東邦出身)と岡林勇希(菰野出身)

 中日ドラゴンズの二軍の野手が素晴らしい活躍を見せている。特に22歳以下の選手たちが素晴らしい。

 9月6日までの二軍成績は以下の通り。

石垣 雅海(酒田南出身)35試合 3本塁打17打点 打率.373
石川 昂弥(東邦出身)31試合 打率.279 2本塁打 10打点
石橋 康太(関東一出身)34試合 3本塁打19打点 打率.314
岡林 勇希(菰野出身)32試合 0本塁打7打点 打率.327
根尾 昂(大阪桐蔭出身)36試合 2本塁打22打点 打率.271

 3割超えが3人、10打点超えが4人と高い数字を残しており、石垣はウエスタン1位、石川はウエスタン3位、根尾がウエスタン6位と上位についており、根尾は約1年間のファーム登用が、しっかりと実を結んでおり、まだ一軍での活躍は時間がかかりそうだが、しっかりと土台がためを進めている。また、石橋は打てる捕手として、郡司裕也(仙台育英-慶応大)と競り合う存在となるだろう。

 岡林は大島洋平のバットコントロール、英智の強肩を合わさったアベレージヒッターに成長できるか注目だ。

 数年後、2020年のドラゴンズの屋台骨を担う選手になれるか注目だ。

(記事=河嶋 宗一

【関連記事】
数値から見る高卒新人投手たちの現在地。頭一つリードの宮城大弥、制球力が出色の及川、中田、井上 【ニュース - 高校野球関連】
具志川商が興南破る!大接戦となった一戦を徹底レポート!【秋季沖縄県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
具志川商vs興南【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
この10人を見逃すな!150キロ投手に191センチ左腕と2021年の高校野球を引っ張る好投手たちを紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る