巨人・増田大輝(小松島出身)はかつての代走屋・鈴木尚広(相馬出身)に匹敵する活躍!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.27

増田大輝(読売ジャイアンツ)

 巨人・増田 大輝小松島出身)の足が欠かせないものとなっている。それを際立たせたのは26日の東京ヤクルト戦だ。

 6回表、4対5。無死一塁の場面で登場した増田は初球から二盗に成功。そのまま同点のホームを踏んだ。

 さらに9回表にも安打を放ち、今季6安打目とした。

 増田はこれで12盗塁目。盗塁成功率86%と高い成功率を誇り、この盗塁もマークされている中でも抜群のスタートを切り、颯爽を決めた。何より光るのが得点の多さ。同点のホームで、17得点目。昨年は出場75試合で20得点だったが、今年は40試合で17得点。足で今年の巨人の攻撃に貢献しているがよく分かる。

 これを巨人の代走として活躍した鈴木尚広(相馬出身)と比較しても活躍をしていることがよく分かる。

 鈴木は2010年から代走中心の出場となったが、代走屋になってからの最高盗塁が18盗塁。最高得点が28得点ということを考えると、シーズン途中でも、増田は鈴木に負けていない成績を残していることがよく分かる。

 これからも代走だけではなく、貴重な守備固めとしても期待される増田。どんな活躍を見せるのか楽しみだ。


関連記事
阿部慎之助二軍監督と山瀬慎之助がマンツーマン指導が実現!
巨人・平間 隼人が「育成1年目・一軍キャンプ大抜擢」された理由
巨大戦力・ジャイアンツに欠かせない叩き上げの男・増田大輝がブレイクの1年を振り返る「一軍の大歓声の中で、野球ができるのは素晴らしいこと」

【関連記事】
巨人は戸郷ら12球団最多となる5人の高卒生え抜きが先発! 【ニュース - 高校野球関連】
岡本和真は松井秀喜以来となる3年連続20本塁打を達成! 【ニュース - 高校野球関連】
第79回 優しい人柄はプロの世界でも。超一流捕手&高卒初のプロ野球選手会会長の炭谷銀仁朗の平安の3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第267回 巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第265回 「獲得すれば、10年は間違いない」巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語る小林誠司獲得秘話【ドラフト特集コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
鳴門vs小松島【徳島県 2018年春の大会 第71回徳島県高等学校野球春季大会】
小松島vs徳島科学技術【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
鳴門vs小松島【徳島県 2014年秋の大会 徳島県大会】
高松一vs小松島【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季四国地区高等学校野球大会】
生光学園vs小松島【徳島県 2013年秋の大会 秋季徳島県大会】
上原浩治のピッチング・メソッド
増田 大輝(小松島) 【選手名鑑】
小松島 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
今週のバトルスタディーズ第105話「天下泰平」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る