大阪桐蔭が8強入り!準決勝で履正社との対戦の可能生も「まずは次の試合」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.07

先発・松浦慶斗(*写真は昨秋近畿大会 智辯和歌山戦より)

 7日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われた大阪桐蔭上宮太子の5回戦は、9対4で大阪桐蔭が勝利し8強に進出した。

 初回に3番・西野 力也のタイムリーで先制点を挙げた大阪桐蔭は、さらに押し出し四球などで3点を先制し、2回にも4番・船曳 烈士のタイムリーでさらに1点を追加。序盤にリードを奪い、試合の主導権を握った。

 投げては先発の松浦 慶斗が安定した投球を見せて、7対3で迎えた7回からは関戸 康介が登板。「腕が振れていて、指にかかった感覚はあった」と話すように、勢いのある投球を見せて3回無安打1失点。しっかりと試合を締めて勝利に貢献した。

 これで準々決勝進出を果たした大阪桐蔭
準決勝では昨夏の甲子園大会で優勝した履正社と対戦する可能生があるが、西谷監督は「まずは次の試合を考えます」と、あくまで目の前の試合を全力で戦う姿勢を示した。

 慢心のなき横綱の次戦の戦いにも注目だ。

【関連記事】
【大阪】大阪桐蔭、履正社ら16強が出揃った府予選の5回戦以降の日程が決定!<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】大阪桐蔭、履正社らが16強入り!次戦、履正社ー関大北陽の今夏2強が激突!<21日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
松浦 慶斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
日体大柏などが勝利!7日に行われた試合を徹底レポート!
次の記事:
初回に死球受けるも意地の1安打 国士舘・齋藤光瑠は甲子園で集大成見せる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る