近江のスーパー1年生・山田陽翔が投打に活躍!鮮烈な公式戦デビュー飾る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.24

中学時代の山田陽翔(近江)

 7月24日、令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会では、近江光泉カトリックによる、昨夏決勝のカードが再現。試合は両チームの投手陣が好投を見せ、1対0で近江が勝利した。

 近江は先発のエース・田中航大が6回まで無失点の好投を見せていたが、アクシデントにより降板。2番手として急遽マウンドに上がった1年生の山田 陽翔が、3回を2安打無失点に抑える好投を見せた。また、7回裏の打席では自ら決勝タイムリーを放ち、投打で活躍。この試合唯一となる得点を挙げ、チームの勝利に大きく貢献した。

 大津瀬田ボーイズ時代から速球派として活躍を見せてきた剛腕が、高校野球の舞台で鮮烈なデビューを果たした。


【関連記事】
山田陽翔(近江)、浅野 翔吾(高松商)など独自大会で輝くスーパー1年生たち 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs光泉カトリックなど現時点でも近年の決勝戦3カードが初戦で実現!今年は初戦から熱い! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第1125回 湖国の至宝・山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)を一躍有名にした元プロとの対戦【後編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第31回 子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第940回 その魅力は「最速139キロ」だけではない 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
山田 陽翔(近江) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【北北海道・釧根】釧根支部で開幕!釧路北陽ら3チームが初戦突破!<17日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る