【動画つき!】福岡の公立校屈指の145キロ右腕・牟田稔啓が二打席連続弾!次戦は投手として活躍できるか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.07

 7月4日から開幕している、「がんばれ福岡2020 福岡地区高等学校野球大会」。パートごとにリーグ戦を戦い、順位付けをしたのち、本戦のトーナメントが開催される。Jパートに入った香椎は1位で終えたが、その立役者が牟田 稔啓だ。

 特に5日の筑紫台戦では、5番レフトでスタメン出場をすると、第2打席で左前安打を放つと、5回裏には勝ち越し3ランを放ち、さらに7回裏にもレフトへに2打席連続弾となる2ランと、4打数3安打2本塁打5打点の活躍を見せ、勝利に貢献した。

 そんな牟田の打撃スタイルは「フルスイング」。この試合で高校通算11本塁打に達し、今後の試合に注目が集まる。

 2月の取材の際には「バッティングは好きだ」と牟田本人は語っており、チームメイトからも牟田の打球の質や飛距離には驚いているが、投げても牟田のポテンシャルは高い。

 香椎入学の段階で130キロ前半をマークしていた牟田。チームを指揮する杉野弘英監督も牟田の速球を魅力に感じていた。その牟田を育てるべく1年生の夏から本格的に投手として練習試合にも登板させるなど、実戦経験を積ませてきたとのこと。

 同時に、牟田の課題だった制球力も磨かせてきた杉野監督。すると1年生の冬場で145キロまで球速は伸び、プロからも注目される大型投手にまで成長した。

 セットポジションから左足をスッとあげ、身体の開きをギリギリまで抑えながら重心を前へ運ぶ。そして着地と同時に鋭く回転する身体に合わせて、右腕を振り抜く。躍動感に溢れ、キレと力強さが存分に伝わるのが牟田の投球フォームの特長だ。

 このオフは150キロを目標に掲げ、体重増加のために食事にも工夫を凝らしてきた。その成果がバッティングにも出たことが考えられる。こうなると、身体を大きくしたことで、ピッチングはどれほど成長したのか。期待は膨らんでいく。

 最終目標は「チームから信頼される投手になる」ということを掲げていた牟田。本戦のトーナメントでは2年半積み重ねてきた成果がピッチャーの方で発揮され、試合で大暴れしてくれることを楽しみにしたい。

 そんな牟田の迫力が伝わってくるピッチング動画は以下のリンクから!

(動画を見る)

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト

【関連記事】
【福岡】福岡大大濠が決勝トーナメントへ!<19日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
【福岡】西日本短大附が勝利!<12日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
第1123回 145キロ右腕・牟田には負けない!個性あふれる香椎の2年生投手陣に注目! 【2020年インタビュー】
第14回 私学優位の風潮を切り裂く 香椎(福岡)が目指すナンバーワン【冬が僕らを強くする2020】
第1122回 ずば抜けたポテンシャル!荒削りの145キロ右腕が目指す高み 牟田稔啓(香椎) 【2020年インタビュー】
第522回 【福岡 抽選後展望】選抜8強の2校を中心に、熱い代表争いへ【大会展望・総括コラム】
第154回 【第97回福岡大会展望】例年以上に激しい代表争い!有力の福工大城東・飯塚・九産大九州は準々決勝までで対戦【大会展望・総括コラム】
東福岡vs香椎工【福岡県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球福岡大会】
香椎 【高校別データ】
香椎工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
東都三部から出直しする東農大。今年は全学年に逸材揃う
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る