岸潤一郎(明徳義塾出身)がプロ初打席!右飛も初球からフルスイング!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.05

写真は2月の徳島インディゴソックスとの試合から

 7月5日、埼玉西武vsオリックスの一戦は8対5でオリックスが勝利し、初のシーズン連勝を果たした。

 ここで念願のプロ初打席を迎えた選手がいる。それが岸 潤一郎(明徳義塾-拓殖大中退-徳島インディゴソックス)だ。甲子園4回出場、U-18代表、国体優勝と、甲子園の申し子と呼ばれた男はプロ入りするまで紆余曲折があった。同学年では一流の活躍を見せている選手も多い。

 岸は努力を重ねて一軍を勝ち取った。ファームでは打率.313、本塁打1、打点1、OPS.984と高い打撃成績を記録している。

 「人生で1番緊張しています」と語った岸の初打席。相手投手は山田修義(敦賀気比出身)。昨年40試合に登板し、ここまで7試合で防御率2.70と安定感抜群の投球を見せている。

 そんな山田相手に初球からフルスイング。空振りとなったが、実に思い切りの良い姿勢だった。1-1からストレートを打ち上げライトフライとなったが、それでも見逃すことなく、積極的に振っていた姿勢は素晴らしい。次に繋がる内容だった。

 来週以降の公式戦では、持ち味のシュアな打撃、抜群の俊足を発揮する機会が訪れるのか。蘇った天才がメットライトドームで躍動することを期待したい。

関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
【12球団ドラフト指名予想】”おかわり”の後釜を!埼玉西武の1位にふさわしい選手とは? 【ニュース - コラム】
徳島インディゴソックス・ドラフト候補躍動と粘りで2年連続6度目の四国アイランドリーグplus総合V! 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 【12球団ドラフト指名予想】”おかわり”の後釜を!埼玉西武の1位にふさわしい選手とは?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1029回 【秋季四国大会展望】キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知商【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第101回愛知大会組み合わせ決定!厳選逸材リスト15名!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る