本日沖縄独自大会抽選会!昨年は沖縄尚学が興南との激戦を制し、甲子園へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.23

強打の二塁手・水谷留佳 オリックスドラフト1位・宮城大弥

 6月23日から2020沖縄県高等学校野球夏季大会が開催される。この大会は県の王者を決める大会になるが、昨年の沖縄大会を振り返っていきたい。

 昨年は2018年秋の県大会で優勝し、投打で逸材揃いだった沖縄水産、オリックスドラフト1位・宮城 大弥擁し、2019年春王者だった興南、強打の二塁手・水谷 留佳など打力が高い選手を揃え、高い攻撃力と機動力を誇る沖縄尚学の3校が優勝争いすると見られていた。

 そして3回戦で沖縄水産沖縄尚学の直接対決が実現し、4対1で沖縄尚学が勝利。

 沖縄尚学は自慢の強力打線で順当に勝ち上がり、興南も宮城が快投を見せ、接戦に勝利し、両校が決勝戦で激突した。

 試合は序盤から打ち合いとなり、1回表、沖縄尚学が宮城から4点を先制。

 その後、興南が逆転に成功したが、沖縄尚学が追いつき、試合は延長戦。13回迄及んだ激戦は沖縄尚学が勝ち越しに成功し、8対7で勝利し、5年ぶり8回目の甲子園出場を決めている。

 一方、2020年は二季連続でベスト8以上だったのは沖縄尚学のみと戦国状態となっている。

 16時から開始される抽選会ではあっと驚くような組み合わせが実現しそうだ。

【関連記事】
7月4日、沖縄独自大会開幕!興南、沖縄尚学、春4強の初戦の相手を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
明日7月4日から沖縄独自大会開幕!初日から興南、さらには昨秋の準優勝vsベスト4対決も! 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 令和2年度、東京都の異動で勢力構図に変化はあるのか【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】

コメントを投稿する

前の記事:
魅力は「最速141キロ」だけじゃない 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)はキャラにも注目
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る