群馬の双璧 前橋育英と健大高崎。直近10回の対戦成績は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.06

下 慎之介(健大高崎)、高橋光成(健大高崎)

 近年の群馬の高校野球の先頭を走るのは、前橋育英健大高崎だろう。前橋育英は2013年夏に全国制覇を達成。健大高崎も、2012年選抜では4強、2014年夏は8強入りと全国の舞台でも結果を残している。そんな両校の直近での過去10回の対戦成績を紹介する。

2016年5月1日
春季群馬県大会 決勝
前橋育英 6-5 健大高崎

2016年7月28日
第98回全国高等学校野球選手権群馬大会 決勝
前橋育英 8-4 健大高崎

2016年10月2日
秋季群馬県大会 決勝
前橋育英 4-3 健大高崎

2017年5月4日
春季群馬県大会 決勝
前橋育英 7-6 健大高崎

2017年7月27日
第99回全国高等学校野球選手権群馬大会 決勝
前橋育英 6-4 健大高崎

2018年5月3日
春季群馬県大会 準決勝
健大高崎 7-2 前橋育英

2018年7月25日
第100回全国高等学校野球選手権記念群馬大会 決勝
前橋育英 6-5 健大高崎

2018年9月29日
秋季群馬県大会 準決勝
前橋育英 6-2 健大高崎

2019年5月4日
春季群馬県大会 決勝
前橋育英 7-5 健大高崎

2019年9月28日
秋季群馬県大会 準決勝
前橋育英 5-0 健大高崎

 2016年の春季大会から昨秋の秋季大会に渡り、10度対戦し、前橋育英が9勝、健大高崎が1勝と前橋育英が大きく勝ち越している。また過去5年での両校の甲子園出場経歴は前橋育英は春1回、夏4連覇中に対し、健大高崎が春2回、夏1回と、こちらも前橋育英が優勢のようだ。

 昨秋群馬大会では、準決勝で対決し前橋育英に軍配が上がるも、関東大会では健大高崎が優勝し、明治神宮大会準優勝を達成した。今年は選抜、選手権が中止となってしまったが、健大高崎は1大会8盗塁を記録した平山 敦規や、U18日本代表に選出された脇本 直人を要し”機動破壊”で一世を風靡した2014年夏以来の好成績が期待できる実力を備えている。

 今夏、群馬県で代替大会が開催されるとなれば、群馬の高校野球を盛り上げている両校の熱戦を期待したい。

関連記事
中川卓也(大阪桐蔭-早大)の兄・中川優ら 2014年八戸学院光星ナインのその後は?
野村、菅野、相澤など3回甲子園出場を経験した山梨学院の主力選手たちの進路は充実!
岸潤一郎(埼玉西武)とプレーした2014年明徳義塾ナインのその後は?

【関連記事】
現巨人の湯浅 大、山下 航汰が在籍!2017年選抜16強の健大高崎戦士たちのその後 【ニュース - 高校野球関連】
ルーキー・福田(大阪桐蔭出身)、柘植(健大高崎出身)がともに開幕1軍へ 2014年夏の準々決勝を戦った大阪桐蔭と健大高崎の選手たちのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
【沖縄】沖縄尚学が14得点で初戦突破!<12日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る