昨年センバツ出場の大分。代替大会優勝へ向けて闘志を燃やす

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.24


大分バッテリー(*写真は昨春の交流試合明石商戦より)

 今春の選抜に続き、夏の甲子園の中止が5月20日に決定した。最後の夏を迎えようとしていた3年生をはじめ、多くの高校野球関係者にとって厳しい現実となってしまった。しかし現在も分散登校や休校中など活動が再開できていないのが現状にある。

 2019年の選抜に出場していた大分も今は分散登校で全員が揃って練習できない状況にある。そんな中で迎えた20日、会見の様子を見ていた廣瀬茂部長は、「スポーツの根本には健康や安全がありますので、それを踏まえての決定だったと思っています。治療薬などが整っていなかったので、『難しいかもしれない』と考えているところもありました」と振り返る。

 一方でチームを指揮する松尾篤監督は「練習前に学校で会議がありまして、別の人から結果を教えてもらいました」ということで、選手たちと話が出来たのは練習後だった。そこで話したことは前向きな話だった。

 「甲子園が無くなったが県大会は開催の方向で進んでいる。新人戦では明豊にサヨナラ、秋季大会では大分商に終盤で負けていますので、その2校へのリベンジへのチャンスがあることを伝えました。その上で、『県NO.1になって優勝Tシャツ、石碑を立てよう』と話をしました」

 松尾監督は日ごろから選手たちに「伝説を作ろう」と声をかけ続けてきていた。夏の甲子園が無くなるなど2020年は今後語り継がれるであろう1年だが、その年に開催される大会で優勝できれば松尾監督の言う通り、伝説の優勝となるはずだ。選手たちは目標に向かって再び練習をしているのだ。

 20日の練習に来られなかった選手のことも考え、廣瀬部長からアプリを通じて全員へメッセージを送るなど、メンタルのケアは十分に行って練習を再開している。その効果もあってなのか「頭が下がります。やるべきことに集中できている。頼もしい。凄いです」と練習の姿勢に廣瀬部長は驚きを隠せない。

 選手たちがここまで前向きにできるのは何故なのか。廣瀬部長はこのように分析した。
 「『welcome逆境』を合言葉に自分たちのプレーで人を勇気づける、感動させる。他人を喜ばせる他喜力、恩を感じ取る力をつける恩感力を発揮することを目指してきたことで、目的がブレなくなってきているのではないかと思います。」

 6月から本格的に練習が再開していく大分。「大会があるだけでもありがたいことですし、選手も努力の成果を見てもらえる舞台があることは励みになっています。そこで優勝して嬉し涙で終われればです」と松尾監督は最後に語った。県独自の大会は開催に向けて動き出している。夢の舞台への道は閉ざされてしまったが、未来に繋がる道として代替大会が開催されることを願うばかりだ。

(記事:編集部)

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
夏の甲子園の中止を受けて愛媛県高野連「心を痛めております」 21日の運営委員会で独自大会開催を協議
「部員を支援、育成して参りたい」 高知県の独自大会開催可否は5月23日に協議される

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
2年連続センバツ出場の強豪・明豊の川崎絢平監督が3年生へ想いを語る 【ニュース - コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第21回 佐伯鶴城(大分) 「平成8年以来の甲子園を目指す!打ち勝つ打力をつける」【冬が僕らを強くする2020】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
森 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「何らかの試合をして締めくくらせてあげたい」 群馬の実力校・樹徳の現在とは
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る