「努力した成果を示す場を何とか作ってあげたい」狭山清陵・遠山巧監督

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.30

写真は2017年9月から

 年度末から新学期にかけてという時期に、長期の休校が続いている状態である。もちろん、どの学校も学校に集まってクラブ活動などは出来ない。自粛期間が続いている中で、それぞれの学校で工夫しながらの取り組みをしている。狭山清陵の遠山巧監督は、この機に状況を見て部員たちの家庭訪問を行っているという。もちろん、ソーシャルディスタンスを保ちながらの対応ということになるし、長時間の対面は避けるようにはしている。

 「高校っていうのは家庭訪問なんていうのは、ないじゃないですか。だから、こうして(家庭訪問を)この機にやってみると、それはそれで新鮮ですね。練習メニューも伝えるんですけれども、親がどういう協力をしてやっているのかということや、それに、親と子のコミュニケーションがどうかなということもよくわかります」

 この機に実施してみた家庭訪問で、それはそれで新しい発見があったということだ。また、こうした中で、親と子で部活動として取り組んでいる野球をもう一度見つめ直して考える時間も出来てきているのではないかとも捉えている。

 現在のツールとしてのLINEメールについては、学年ごとにグループを作ってLINEミーティングという形で、主としてメンタル面について語っている。先行き不安なことは考えても仕方がないというということでテーマを決めて進めている。

 LINEミーティングでは一つのテーマについて、遠山監督は国語科の教員らしく、「作文課題」という形で取り組ませている。文字で表すことで、自分の考えをきちんとまとめていくという姿勢にもなっていく。

 そして、そこに遠山監督も割り込んでいって、「誰々の言っていることは非常にいいから、このことについてもう少し深く考えていこう」とか、「ここで新しいテーマが出てきたので、今度はそのことについて考えていこう」というようなやり方で進めている。

 また、LINEミーティングというスタイルでの発見もあるようだ。
 「顔が見えないということで、却って本音が言えることもあるのではないか」
 そんな気もしているという。

 厳しい状況下で、新しい形の取り組みを進めていく中で、それぞれの選手たちの考え方や思いを知ったというところもあるようだ。

 元々、遠山監督は南稜監督時代にも、オフの間に読書を積極的に奨めて、その読書感想文などを提出させて、考える力を育み、伝える能力を高めていくことで、メンタル面の強化などを進めてきたという実績もある。2012(平成24)年に南稜が春季県大会を制した時も、そんな成果があったからだと信じている。だから、言葉で表現をしていくことの大切さも、常に追求して指導している。

 それでも、収束の目途がつかないままの、感染拡大の今の状況ではある。

 「最悪の場合は、(大会そのものは)ないかもしれないぞということは覚悟しておきなさい」という指示も出してはいるという。そして、作文課題としても、テーマを用意している。

 「もし、大会がなくなったとしたら、自分の中でどう気持ちの整理をつけていくのか」
 こういうテーマで考えていくことも準備しておくようにということは伝えている。

 そして、自分自身も、夏が開催されない場合にはどういう対処をしてあげるのがいいのかということも、もちろん意識はしている。

 「他の競技の先生たちとも話しているんですが、皆ここまで努力して頑張ってきているのですから、何らかの形で県内だけでもいい、地区だけでもいいから順位付けは、させてあげたい。成果を発揮する場は何とか与えてあげたいという気持ちは同じです」

 最悪は、秋までずれ込んでも仕方がないと考えている。
 「何とか評価される場を作ってあげたい。それをどう作ってあげられるのかということも、我々指導者の役割だと思っています」

 指導者たちも、思い悩んでいる。

記事:手束 仁

関連記事
コロナで次々と進む高校野球のIT活用 都立新宿はLINEで「個別指導塾」を開催
コロナで次々と進む高校野球のIT活用。愛知の新鋭・豊野はZoomで結束を深める
県立高松商(香川) 結束のキーワードは監督発信の『あの』ポーズ!

【関連記事】
和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は? 【ニュース - 高校野球関連】
狭山ヶ丘、入間向陽らが県大会へ出場決定!【16日の結果・埼玉県地区予選】 【ニュース - 高校野球関連】
春日部共栄vs狭山清陵【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
狭山清陵vsふじみ野【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県地区予選】
狭山清陵vs瀬谷【2018年 練習試合(交流試合)・春】
狭山清陵vs鶴ヶ島清風【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第62回 狭山清陵(埼玉)「マネージャー心得」で戦力として一緒に戦う姿勢を作る【頑張る!マネージャー】
狭山清陵vs佐和【2018年 練習試合(交流試合)・春】
狭山清陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち!
次の記事:
【愛知独自大会】どちらも緊迫の投手戦!豊田西、成章が勝利した12日の試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る