開幕した中国地区大学リーグで注目したい逸材・安藤優汰(環太平洋大)は秋山翔吾タイプ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.04

安藤優汰

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大学野球も延期が相次いでいるが、その中で中国六大学野球春季リーグは予定通り開幕した。球春を迎えている中国地区で、注目の大学生外野手を紹介したい。

 今回紹介するのは、環太平洋大の安藤 優汰(3年)だ。2018年秋、1年生ながらレギュラーを獲得し、準優勝に貢献。環太平洋大といえば、徹底とした組織野球で攻守ともに完成度が高い選手は多いが、スケール感のある選手はあまりいなかったが、この安藤はプロを狙えるのではと思わせる大型外野手だ。

 米子北出身の安藤は1年秋の明治神宮大会の法政大戦では三浦 銀二福岡大大濠出身)から二塁打を放ち、昨春のリーグ戦では首位打者を獲得し、大学選手権でも適時打を放つなど、全国の舞台の活躍を見せた。秋山 翔吾を参考にしている打撃技術の高さは全国レベルの好投手からも打ち崩せるものがある。

 また抜群の俊足、ライトの深い位置からでもキャッチャーミットへ一直線に届く強肩とポテンシャル自体はプロ級の逸材だ。

 環太平洋大の初戦は4月11日、徳山大と対戦するが、もし無事に一般開催できるようであれば、安藤のプレーに注目していただきたい。

関連記事
選抜ボーダーラインの広島新庄。出場することを想定して練習に取り組む真意とは
「まずは授業の取り組み方から」 名将・迫田守昭監督(広島新庄)のチーム作りとは?
第70回 「技術的には言うことがなかった」 恩師が語る田口麗斗(読売ジャイアンツ)【前編】

【関連記事】
中国地区大学野球連盟、春季リーグ残り日程の6月以降延期を決める 【ニュース - 高校野球関連】
環太平洋大・野村昭彦監督が退任。常に大事にしてきたのは「最善の準備」 【ニュース - ヘルスニュース】
立正大vs環太平洋大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
環太平洋大vs近畿大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
環太平洋大vs法政大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
函館大vs環太平洋大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
星槎道都大vs環太平洋大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
安藤 優汰(白樺学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
しょうが。【~今日も青空の下で笑顔を咲かせる~高橋昌江公式ブログ】他
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る