ドラフト候補・戸田懐生(徳島インディゴソックス)が四国銀行相手に5回無失点の快投!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.07

戸田懐生(徳島インディゴソックス)

 3月7日、独立リーグの選手では、評価が高い戸田 懐生(徳島インディゴソックス)は四国銀行戦で5回無失点の好投。また後続の投手も好投し、6投手の完封リレーとなった。

 戸田は躍動感あるフォームから繰り出す伸びのある直球、切れのある変化球を高低に投げ分け、5回を投げて、4奪三振、被安打2、2四死球と文句つけようのない投球だった。

 アピールしたかった2月26日の埼玉西武ライオンズB班戦では不本意な投球に終わり、悔しさを糧に調整を続けていた。

 社会人相手に抑えたことは高く評価されるだろう。これからもリーグ戦や交流戦などあらゆる公式戦でインパクトを与える投球を見せ、チームの勝利に導き、そして自身の評価を高めていきたい。

関連記事
「黄金世代」いよいよお披露目! 徳島インディゴソックス2020入団選手会見開催!
◆1軍抜擢の高卒1、2年目選手は?⇒佐々木朗希、黒川史陽、小園海斗…高卒2年目までの若手で一軍に抜擢されたのは?
戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長

【関連記事】
伊藤翔が投げ、増田大が打つ...!巨人vs埼玉西武の二軍練習試合は徳島インディゴソックスデーに! 【ニュース - 高校野球関連】
声だけで木更津総合のベンチに入った男・比護涼真(現・関東学園大)の魅力 【ニュース - コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
戸田 懐生(東海大菅生) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
プロ入り後、初の甲子園のマウンドに立った吉田輝星(金足農出身)の投球から見えた新境地
次の記事:
中田翔(大阪桐蔭出身)がオープン戦3号!平成生まれ最多本塁打王を突き進むことができるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る