コンパクトなフォームで安定感アップ 西武・松本航(明石商出身)が5回無失点投球で開幕ローテに前進

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.02

西武の松本航(明石商出身)

 2018年のドラフト1位右腕・松本 航明石商出身)が、1日の横浜DeNAベイスターズとのオープン戦に先発し、5回を3安打無四球無失点の好投をみせた。

 初回、3番・ソトにライト前ヒットを打たれたものの、神里 和毅、オースティン、佐野恵太と3三振を奪って上々の立ち上がりを見せると、2回以降も安定したピッチングを見せる。直球にはキレがあり、カーブ、カットボールと緩急を織り交ぜながらの投球で、DeNA打線を寄せ付けなかった。

 日体大時代は、左足を伸ばした状態でゆっくりと腰を落としていくフォームが特徴的だったが、プロ入り後は、よりコンパクトですばやい投球フォームに修正。こうすることでピッチングに安定感が増し、この日も5イニングで球数は57球にとどめることができた。

 これで開幕ローテーション入りに大きく前進した松本。
 1年目の昨季は開幕直前に肺炎を患ってデビューが遅れたが、今季は万全の状態で開幕を迎えることになりそうだ。
 決して駒が揃っているとは言えない西武の投手陣の中で、松本がどこまで奮投を見せるのか。2020年の西武の見所の一つとなりそうだ。

(文=栗崎 祐太朗)


関連記事
高校時代は控え投手だった西武・與座海人が「ネクスト牧田」を印象付ける快投!
西武ライオンズにいる3人の甲子園優勝投手。開幕1軍を目指し実戦登板でアピール中!
秋山翔吾の穴を埋めるのは?2ランを放った大型外野手・川越誠司が好アピール!

【関連記事】
センバツ中止から5日、市の休校解除で練習再開の明石商・狭間監督が取材対応! 【ニュース - 高校野球関連】
松坂大輔が3回無失点。メジャー流のゾーン内で小さく動かすスタイルで復活なるのか 【ニュース - 高校野球関連】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs明石商【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
松本 航(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
球春到来!抽選会間近の選抜大会で注目の選手を5名を紹介!!【今日のコム注】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る