岡本良樹(専修大)が徳島インディゴソックスに入団!専大松戸時代は原嵩、渡邉大樹とともに甲子園出場

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.29

専大松戸時代の岡本良樹

 ドラフト候補勢揃いの徳島インディゴソックスに頼もしい選手が入団した。

 専大卒業の岡本 良樹専大松戸出身)である。オリックス、北海道日本ハムの二軍監督などを務めた岡本 哲司氏(和歌山南陵監督)の三男。

 エースで4番の原 嵩(千葉ロッテ)、1番ながら強打者の渡辺 大樹(東京ヤクルト)とともに注目された選手で、3年夏に甲子園出場したときは3番サードで出場した。

 そして専修大に進んでも主力選手として活躍。二部ながら3年春は2本塁打、4年春は打率.365(リーグ2位)、0本塁打、9打点の活躍。東都二部の主力投手は軒並み140キロを超えるだけに、やはり実績は素晴らしいものがある。

 高校時代からプロ入りした原、渡邉と比べても打撃技術は負けないものがあり、三塁守備も基礎がしっかりしていた選手だった。徳島インディゴソックスは全国に隠れた速球投手、大型野手が集まり、チームのレベルの底上げを図ってきたが、二部とはいえ、東都大学野球リーグの主力選手が新卒で入団するのは異例なこと。

 入団発表した28日の翌日(29日)、岡本は三菱重工広島とのオープン戦で3番ショートでスタメン出場し、いきなり犠飛を放つ活躍を見せている。

 岡本の例を見れば分かるように、徳島インディゴソックスはNPBに行きたいと願う若手選手にとっては絶好の環境なのかもしれない。いきなり活躍を見せたことで、チーム内の競争はさらにし烈なものとなりそうだ。

関連記事
「黄金世代」いよいよお披露目! 徳島インディゴソックス2020入団選手会見開催!
◆1軍抜擢の高卒1、2年目選手は?⇒佐々木朗希、黒川史陽、小園海斗…高卒2年目までの若手で一軍に抜擢されたのは?
プロ野球キャンプ 今年は全球団TVで見れる!

【関連記事】
ドラフト候補の視察はまず独立リーグになるのか?6月中の開幕が理想 【ニュース - 高校野球関連】
四国アイランドリーグplus所属・徳島インディゴソックス 6月中の開幕目指しチーム再始動! 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
岡本 良樹(専大松戸) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
9人中6人が2年生?習志野の今後を担う選手たちを直撃!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る