城西国際大のエース・舘が慶應義塾大投手陣のレベル差を実感「走り込みだけじゃダメなんだな...」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.26

城西国際大・舘和弥

 城西国際大の主力投手・舘和弥が練習改革を誓った。

 今年の城西国際大の躍進は素晴らしいものがあった。4年ぶり2回目の出場を果たした全国大学選手権ではベスト8入り、この秋は激戦区の関東地区大学選手権で強豪の白鴎大、東海大を下し1位での明治神宮大会出場。そして明治神宮大会でも1勝を上げ、ベスト4入り。まさに躍進の1年だった。ただそんな中、舘は全国トップレベルとの差を痛感していた。

 平塚学園時代はエース・高田 孝一(法政大)の控えだ。当時は130キロ弱のストレート、スライダーで勝負する投手だった。高校時代について舘は「あの時は妥協することがあって、成長できなかったのはそういうところがあったんじゃないかなと思いました」

 そして城西国際大に進むと、一気に変わる。食事トレーニング、練習内容など妥協なく取り組み、185センチ85キロと体つきも大人になった。

 そして今年は中島 隼也(3年・仙台育英)とともにエース格として活躍。

 横浜市長杯準決勝では強力打線・白鴎大戦を3安打完封勝利。初の神宮を手繰り寄せた。

 神宮大会ではどちらを先発するか委ねられた。準々決勝の金沢学院戦か、準決勝か。そこで舘は迷わず、準決勝の慶應義塾戦を選択した。しかしいきなり中村 健人(4年・中京大中京)に先頭打者本塁打を打たれてしまう。
「変化球が甘く入ってしまったのを打たれました。それでもすぐに切り替えることができました」

 立ち上がりは変化球中心の攻めだったが、その後は130キロ後半の速球、130キロ近いカットボール、ツーシームを投げ分けながらピッチングを展開する。

 6回を投げ、3失点で降板した。試合後、舘が残したコメントは慶應義塾打線のレベルの高さよりも、自分の至らなさと慶應義塾投手陣のレベルの高さを絶賛したものだった。
 「抑えているように見えますが、球速、変化球の精度は全然大したことないです。特に慶應義塾大の投手陣のレベルの高さを痛感しました」

 慶應義塾大の投手陣はほとんどが140キロ中盤。先発・木澤 尚文に関しては151キロを連発していた。同じ投手ならばレベルの違いを感じて当然だ。また舘はチームメイトを通じて、慶應義塾大の練習メニューを伺っていた。
「慶應大の投手は走り込みは少なく、ウエイトトレーニングのメニューが中心と聞きました。ウエイトトレーニングが中心になったのは、プロ入りした津留崎(大成)さんの影響が大きいと聞きました」

 対して自分たちのメニューを振り返れば、昔ながらの走り込みが中心。全否定するわけではない。ただ、今のまま練習メニューでは投手陣の成長はないと痛感していた。
「メニューの組み立てはコーチ主導です。だからこそうまくかみ砕いて、ウエイトトレーニングを取り入れながら強くなっていきたいと思います」
 そう、訴える舘の目から強い決意が見えた。

 学生野球の本質は上達のために自ら考えて実践することである。

 舘、城西国際大の投手陣のレベルがワンランクレベルアップするため。勝負の冬を迎えた。

【関連記事】
千葉県大学野球連盟の春季リーグ戦が中止に 城西国際大などが所属 【ニュース - 高校野球関連】
昨秋の神宮大会ベスト4の城西国際大の新入生から8名の逸材をピックアップ 【ニュース - 高校野球関連】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
城西国際大vs広島経済大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第323回 【神奈川展望】神奈川大会組み合わせ決定!激戦のブロック、強豪校の戦いを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第311回 【神奈川展望】横浜、東海大相模の二強に待ったをかけるのは?神奈川の有力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第41回 神奈川を代表する好投手!藤平、北村、高田の春の投球を振り返る【ドラフト特集コラム】
第396回 平塚学園高等学校 高田孝一選手「復活の始まりとなるか?」 【2016年インタビュー】
第291回 【春季神奈川県大会】シード権を獲得するのはどのチーム?激戦の県大会の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第261回 2016年の高校野球を占う【神奈川編】「全国レベルの横浜だけではない!今年は私立、公立問わず好選手が揃う」【大会展望・総括コラム】
高田 孝一(平塚学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
【動画】夏13連覇!福島の超名門・聖光学院が実践する16個のアップを再び紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る