ワールドトライアウトで存在感を示した投手たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.09

久能雄汰(BC福島)

 11月7日、保土ヶ谷球場でワールドトライアウト(WorldTryout)予選会が開催された。この予選会は、BCリーガー、アイランドリーガー、元社会人の選手が目立つ結果となった。

 その中でも活躍を見せていた投手たちを紹介したい。

久能 雄汰(BC福島 福島商出身)24歳
 今季は主に先発として活躍した左腕投手。135キロ前後の直球、スライダー、チェンジアップを巧みに投げ分けて、1回無失点の好投を見せた。

児玉 健史(伊予高校‐四国学院大‐アークバリア)26歳
 参加者唯一のアンダースロー。右下手投げから浮き上がるような軌道から投げ込む120キロ後半の速球、スライダー、チェンジアップ系の変化球を投げ込み1回無失点。実力の高さを披露した。

岡部 拳門(早稲田摂陵‐九州共立大)22歳
 最速145キロを誇る右腕。選考試合の2試合目に登板し、最速138キロのストレートで空振り三振を奪うなど、力のある速球を投げ込んでいた。まだ粗削りだが、速いボールを投げる可能は秘めている。

辻 翔也 茅ケ崎西浜-熊谷組退部)19歳
 午前中のスピードガンコンテストでは、参加者最速の141キロを計測、選考試合でも130キロ後半の速球を投げ込んだ。細身ではあるが、体のバネの強さを感じた選手。まだ19歳ということで、145キロ~150キロを投げられる可能性を秘めた逸材だ。

 候補者、合格者になるかはわからないが、この4人はほかの参加者と比べても少し抜けている感じがあった。

(記事=河嶋 宗一

【関連記事】
ワールドトライアウトで存在感を示した野手たち 【ニュース - 高校野球関連】
清原和博さん 久しぶりの野球場での登場。「やはりファンの皆様の声援は力になる」 【ニュース - 高校野球関連】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
久能 雄汰(福島商) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
郡山ら県大会出場を決める!【福島県秋季大会予選・3日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る