BCリーグから夢を掴んだ男たち 松岡「興奮して自分の名前が聞こえないくらい」、加藤「いち早く支配下に」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.18

 10月17日にプロ野球ドラフト会議が行われ、107名(支配下74名、育成33名)が名前を読み上げられた。そのなかでルートインBCリーグ(以下、BCリーグ)からは、5名がドラフト指名されている。

 松岡 洸希投手(武蔵→西武3位)、加藤 壮太外野手(武蔵→巨人育成2位)、樋口 龍之介内野手(新潟→日本ハム育成2位)、長谷川 凌汰投手(新潟→日本ハム育成3位)、松山 真之投手(富山→オリックス育成8位)だ。

 唯一の支配下指名となった松岡、そして加藤と埼玉武蔵ヒートベアーズのふたりが喜びのコメントを残している。



巨人育成2位で入団する加藤壮太

松岡 洸希投手(武蔵→西武3位)
 松岡は桶川西高校3年時に投手をはじめ、わずか1年半でNPB入りを実現させた。右のサイドスローから繰り出すストレートは、かつてヤクルトで活躍した林昌勇を彷彿させる。まだ19歳と伸びしろは十分だ。
・コメント
 指名された瞬間は、興奮して自分の名前が呼ばれているのが聞こえないくらいでした。素直に嬉しかったです。これからスタートラインに立てるということで、自分の持てる限りの力を出してチームに貢献できるようにがんばります。
2019シーズン成績:32試合 防御率3.58 0勝2敗0S 投球回27 2/3 奪三振33

加藤 壮太外野手(武蔵→巨人育成2位)
 加藤は走攻守そろった大型外野手。BCリーグでは今シーズン併殺打が「0」と抜群の脚力を誇る。中京高校(現・中京学院大中京高校)時代は今井 順之助(現・日本ハム)とともに甲子園に出場。2試合で3安打を放つ活躍を見せている。
・コメント
 指名された時は素直に嬉しかったですし、野球を始めた時からの夢だったので、「やっと叶った」という気持ちでいっぱいです。育成指名なので、周りの選手よりも何倍も練習して、いち早く支配下に上がれるようがんばります。
2019シーズン成績:67試合 打率.310 258打数80安打 本塁打7 打点35 盗塁29

関連記事はこちらから!
BCリーグ期待の大型外野手!走攻守揃った加藤壮太(中京-武蔵ヒートベアーズ)

【関連記事】
12球団最多の独立リーグ出身の支配下登録選手が在籍する埼玉西武!5人に期待したいことは 【ニュース - 高校野球関連】
埼玉西武新人9選手のプロフィール、ユニフォーム写真を公開!恒例の辻監督の第一印象についても質問! 【ニュース - 高校野球関連】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
浜松商vs菰野【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
菰野vs大垣日大【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs菰野【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
菰野vs高田【三重県 2017年夏の大会 第99回選手権三重大会】
至学館vs菰野【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
岡林 勇希(菰野) 【選手名鑑】
菰野 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
徳島インディゴソックス 上間 永遠・岸 潤一郎・平間 隼人が夢舞台へ!
次の記事:
興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る