東海大菅生が初実戦!最後は中村晃太朗が締めて初勝利!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.10

中村晃太朗(東海大菅生)

 3月10日、昨秋都大会準優勝の東海大菅生が今季初戦を迎えた。相手は昨秋の千葉県大会8強の暁星国際。3回まで4対2とリードを許す展開だったが、じわじわと追い上げていき、7対4と逆転に成功。

9回表、エース・中村 晃太朗が登板。先頭打者に四球を与えたが、後続を抑え、初戦勝利を収めた。最速133キロながら、ストレート、スライダー、チェンジアップを制球力良く投げ分ける投球は貫禄があった。

 第2試合はお互い第1試合に出ていないメンバーが出場し、8対10で暁星国際がリードしていたが、9回表、東海大菅生は第1試合で4番として出場した杉崎成が代打で登場。同点に追いつく2点適時打を放ちドローに持ち込んだ。実戦感覚を取り戻すことがテーマになる初実戦は多くの収穫と課題が見つかった。

【関連記事】
東海大菅生vs暁星国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
先輩だけじゃないぞ!見逃し禁止の注目2年生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
11人の新星が現る!攻守に活躍が期待される逸材野手を一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第564回 意識から改善しセンバツで勝利を目指す!国士舘【後編】【野球部訪問】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第816回 打たせて取るスタイルに磨きをかける!中村晃太朗(東海大菅生)が目指す投手像 【2018年インタビュー】
第815回 日本一のキャッチャーに!小山翔暉(東海大菅生)が秋季大会で得たもの 【2018年インタビュー】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs岩倉【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
選抜ベンチ入りメンバー変更!新しくベンチ入りするのは誰?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る