ロッテの希望!藤原恭大の甲子園成績を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.06

 藤原 恭大大阪桐蔭高→ロッテ1位)がロッテと正式に契約を締結した。契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(金額は推定)と最高条件を提示されたことからも、期待度の高さがよくわかる。また、ロッテが高卒選手に出来高をつけたのは藤原が初めて。

 平沢 大河安田 尚憲といった先輩たちも出来高はついていない。そして気になる背番号は「2」。名球会入りを果たしている山崎裕之やサブローもつけていた番号でもある。

 丸 佳浩(広島)の争奪戦では巨人に敗れたものの、ポジティブに捉えれば藤原の一軍昇格が近くなったともいうことでもある。トリプルスリーを目指す、と公言しているだけに走攻守すべてにおいて期待したい。

 さて、その藤原が甲子園でどのような活躍をしてきのかをあらためて振り返ってみたい。

最後の夏は打率.462、3本塁打



期待がかかる藤原恭大(大阪桐蔭高→ロッテ1位)

 藤原は2年春・夏、3年春・夏と4度に渡って甲子園に出場を果たしている。初出場となった2年春(2017年)の甲子園では2本の本塁打を放ったものの、いずれもソロアーチ。大会通算打率.208(24打数5安打)といまひとつの出来だった。つづく夏の大会では打率.154(13打数2安打)とこの大会でも結果を残すことができなかったのである。

 最高学年となった今年の藤原はひと回りも、ふた回りもスケールアップして甲子園に戻ってきた。春の大会では打率.364(22打数8安打)とチームを牽引。本塁打こそ生まれなかったが、7打点を挙げている。そして、最後の夏は打率.462(26打数12安打)、3本塁打、11打点と大暴れ。春夏連覇に大きく貢献した。

 4大会通算では打率.318(85打数27安打)、5本塁打、21打点となる。5本塁打は同校の先輩にもあたる森 友哉(西武)とともに甲子園最多タイ。けっして長距離ヒッターではないが、規格外のパワーを持ち合わせていることはまちがいない。来シーズンからホームランラグーンができるZOZOマリンスタジアムでもアーチを描きたいところ。

 藤原は甲子園で見せた勇姿を幕張の地でも見せてくれるだろうか。

 

【甲子園通算成績】
藤原 恭大大阪桐蔭高)
19試合/打率.318(87打数25安打)/5本塁打/21打点

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
「ニューバランスチェレンジ」で最速139キロを記録した山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第940回 その魅力は「最速139キロ」だけではない 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
大阪桐蔭にあの2選手が入部!ネクスト球児たちの進路情報【野手編】 【ニュース - その他】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
第886回 実力と胆力を身に付けた野間翔一郎(山口東シニア)が目指す最高峰の道 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
丸 佳浩(千葉経大附) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
昨秋王者が地区大会4位の波乱!春季静岡県大会の展望を紹介
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る