U18候補の松商学園・直江、プロで根尾斬りだ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.25

直江大輔(松商学園)

分かってても打てないストレートを投げ勝てる投手へ

 U18日本代表候補にもなった松商学園高のエース直江 大輔(なおえ だいすけ、2000年6月20日長野市生まれ、184センチ、77キロ、右投げ右打ち)が巨人から3位指名された。

 別室から、30人以上の野球部同期らが待ち構える会見場に現れた直江は「まさかこんなに早く指名されるとは思っていなかった。うれしい」と指名直後の気持ちを語った。巨人の印象については「幼いころからテレビとかで見てきて、プロ野球を代表する球団なのですごく魅力的に感じる」と述べた。

 プロで対戦したい相手に「根尾 昂君とか注目されてきた大阪桐蔭の選手」と、同学年の1位指名選手を挙げた。また目標にする選手に元巨人投手の桑田 真澄氏を挙げ、「あれだけの実績があっても謙虚な姿でプレーしているところがすごい」と理由を語った。

 184センチの長身ながら全体的にまだ線の細い直江。一方で、肩や肘の使い方が軟らかいフォームから投じるストレートは145キロに達し、まだまだ伸びしろを感じさせるのが魅力。直江自身も「自分の一番いいところはフォームにくせがないところ」とし、「150キロを目指すが、切れとボールの質を上げ、分かっていても打てないストレートを投げ、勝てる投手になりたい」と理想の投手像を示した。会見時に色紙に書いた目標も「勝てる投手」だった。

 会見に同席した足立修監督は「体のしなやかさを生かし、ジャイアンツを背負う投手になってほしい」とエールを送った。

 直江は2年夏に背番号11で甲子園でも登板。エースとして臨んだ3年夏は県大会準々決勝で涙を飲んだ。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールで制球もいい。

取材=小池 剛

注目記事
プロ野球2018ドラフト特設サイト

【関連記事】
神ドラフトの予感!巨人の2018年ドラフトは上位~育成までトッププロスペクトが続出! 【ニュース - 高校野球関連】
「木佐貫は高校から良いライバル」通算142勝をマークした杉内 俊哉の高校時代 【ニュース - インタビュー】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
東海大諏訪vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
岡谷南vs松商学園【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会北信予選会】
松本深志vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
直江 大輔(松商学園) 【選手名鑑】
松商学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
「初戦は苦しかったですね」接戦となった侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る