U18候補の松商学園・直江、プロで根尾斬りだ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.25

直江大輔(松商学園)

分かってても打てないストレートを投げ勝てる投手へ

 U18日本代表候補にもなった松商学園高のエース直江 大輔(なおえ だいすけ、2000年6月20日長野市生まれ、184センチ、77キロ、右投げ右打ち)が巨人から3位指名された。

 別室から、30人以上の野球部同期らが待ち構える会見場に現れた直江は「まさかこんなに早く指名されるとは思っていなかった。うれしい」と指名直後の気持ちを語った。巨人の印象については「幼いころからテレビとかで見てきて、プロ野球を代表する球団なのですごく魅力的に感じる」と述べた。

 プロで対戦したい相手に「根尾 昂君とか注目されてきた大阪桐蔭の選手」と、同学年の1位指名選手を挙げた。また目標にする選手に元巨人投手の桑田 真澄氏を挙げ、「あれだけの実績があっても謙虚な姿でプレーしているところがすごい」と理由を語った。

 184センチの長身ながら全体的にまだ線の細い直江。一方で、肩や肘の使い方が軟らかいフォームから投じるストレートは145キロに達し、まだまだ伸びしろを感じさせるのが魅力。直江自身も「自分の一番いいところはフォームにくせがないところ」とし、「150キロを目指すが、切れとボールの質を上げ、分かっていても打てないストレートを投げ、勝てる投手になりたい」と理想の投手像を示した。会見時に色紙に書いた目標も「勝てる投手」だった。

 会見に同席した足立修監督は「体のしなやかさを生かし、ジャイアンツを背負う投手になってほしい」とエールを送った。

 直江は2年夏に背番号11で甲子園でも登板。エースとして臨んだ3年夏は県大会準々決勝で涙を飲んだ。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールで制球もいい。

取材=小池 剛

注目記事
プロ野球2018ドラフト特設サイト

【関連記事】
佐久長聖が初戦敗退 決勝は30年ぶりの公立対決!激動の長野大会を総括 【ニュース - コラム】
第935回 【長野大会総括】30年ぶり公立校決勝で飯山が初優勝!シード校が早々と散る波乱含みの大会に【大会展望・総括コラム】
長野決勝は公立対決!令和初の長野を制するのは伊那弥生ヶ丘か、飯山か! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大諏訪vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第1010回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第942回 連覇狙う佐久長聖とノーシードの松商学園が同ブロックに!また最激戦区は第7シードブロック【大会展望・総括コラム】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第983回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第982回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
第60回 巨人期待の若手・堀岡 隼人の中学時代。恩師が語る「努力家の一面」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
岡谷南vs松商学園【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会北信予選会】
松本深志vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
直江 大輔(松商学園) 【選手名鑑】
松商学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
県大会出場へ、桐光学園辛勝!横浜、桐蔭学園は完勝!【秋季神奈川県大会地区予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る