秋季関東大会の組み合わせが決定!横浜や中央学院の初戦は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.11


秋季関東大会の組み合わせが決定!

 20日から始まる秋季関東大会の組み合わせが決まった。まず山梨1位でスーパーシードの東海大甲府習志野桐生第一の勝者と対戦。1勝すれば、3年ぶりの選抜は有力となる。また、昨秋関東大会優勝の中央学院は夏の甲子園出場・山梨学院と対決とこちらも見逃せない戦い。ドラフト候補多数擁する横浜甲府工と対戦する。

 例年、関東大会は2会場で5日間連続開催だが、今年は2年ぶりに準々決勝と準決勝の間に休養日を入れる。20日~23日まで試合を行い、27日に準決勝、28日に決勝戦を迎える。

■開催期間:2018年10月20日~10月28日(予定)
■試合日程・応援メッセージ
秋季関東地区高等学校野球大会


トーナメント表


◇20日の試合予定

第71回 秋季関東地区高等学校野球大会
1回戦 前橋育英   1  -  0   作新学院 山日YBS球場 レポート 応援メッセージ (1)
山梨学院   7  -  2   中央学院 山日YBS球場 レポート 応援メッセージ (9)
【関連記事】
俳優・吉村卓也が2019年注目の投手を語る! 【ニュース - コラム】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
名門・習志野からロッテへ入団!意識改革が古谷拓郎をプロへと導いた 【ニュース - インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第16回 「勝利」と「育成」の両立を続けるリトルシニアの名門!世田谷西リトルシニアに迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】 【2018年インタビュー】
第15回 技術よりも人間としての在り方を大切にする!浅間大基を輩出した新宿シニア(東京)に迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
習志野vs桐蔭学園【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第187回 2019年ドラフトガイドブック(投手編) 特A、Aクラス投手がひしめく豊作年!【ドラフト特集】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
横浜vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
習志野vs東海大甲府【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
横浜vs甲府工【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐生第一 【高校別データ】
甲府工 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【明治神宮大会】決勝は浦和学院vs仙台育英! 準決勝 試合レポート
次の記事:
ボーイズ日本代表入り!永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が思い描く理想のアーチストに迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る