九州大会組み合わせ決定!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.04.13

 第142回(平成30年度春季)九州地区高等学校野球大会の組み合わせが昨日決まりました。

 気になるトーナメント表はこちらをご覧ください。



 九州大会は例年通り、選抜出場校が推薦で出場。今年は創成館富島延岡学園東筑伊万里の5校です。

 他は開催県を除き1校ずつですが、鹿児島だけは加盟校が多いので2校となります。(例年は加盟校数が多い福岡も複数校ですが、今年は開催県にあたるので開催地枠数となります)

 なお開催地として4校が出場する予定だった福岡は、優勝した小倉が不祥事で出場を辞退したため、推薦の東筑を除いて3校の出場。県大会優勝校がいない事態となってしまったのは残念ですね。

 さて組み合わせを見ると、県大会5試合を失点1で優勝した聖心ウルスラ(宮崎)と、県大会4季連続優勝の明豊(大分)が1回戦で対戦します。聖心ウルスラ戸郷 翔征投手と明豊のスラッガー・浜田 太貴選手の対決に注目が集まりそうです。

 宮崎で9月に行われるU-18アジア選手権の日本代表第一次候補選手選考にも参考資料の一つとなる春季大会。そのトップとして行われるのが地区大会が九州大会です。優勝を目指す、あるいは夏へ繋げるという目標以外に、選手たちの『高校日本代表入りを目指す』という夢へ向かったアツい戦いに期待しましょう。

■大会日程・応援メッセージ
【春季九州大会】


(文:松倉 雄太

【関連記事】
島原中央が8回コールド勝ち!【秋季長崎県大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
【プロ志望届提出者ニュース】鈴木裕太(日本文理)、宜保 翔(未来沖縄)など16名が提出! 【ニュース - 高校野球関連】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第6回 創成館高等学校(長崎)【3年ぶり2回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
加治木vsれいめい【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
れいめいvs樟南二【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第691回 熊本ナンバーワンスラッガー・萩尾匡也(文徳)!主将になって心身ともに成長! 【2018年インタビュー】
第689回 鹿児島の快速左腕・松江優作(れいめい)!昨夏から球速5キロアップを実現したトレーニングとは? 【2018年インタビュー】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
伊万里 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
文徳 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
32年ぶり出場の東海大福岡ってどんなチーム?接戦に強い粘り強さが持ち味!【戦力分析・メンバー紹介】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る