明徳義塾が36年ぶりの優勝!!エース・市川悠太が4安打完封【神宮大会・14日の結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.11.14

優勝を決めた明徳義塾ナイン

【神宮大会・14日の結果】
明徳義塾が36年ぶりの優勝!!エース・市川悠太が4安打完封!

 11月14日、第48回 明治神宮野球大会高校の部では決勝戦が行われた。

 決勝に勝ち進んだのは二度目の優勝を目指す四国代表の明徳義塾。そして初出場初優勝を目指す創成館。先制したのは明徳義塾。1回表、二死一、三塁から5番安田 陸の適時打で1点を先制すると、さらに3回表にはスクイズで1点を追加し、2対0にする。7回表には二死満塁から9番藤森 涼一が右前適時打を放ち、2点を追加する。

 明徳義塾の先発・市川 悠太は130キロ後半の速球、スライダーをコンビネーションに今大会、強打を発揮していた創成館打線を翻弄。散発4安打、94球に抑え完封勝利。見事、36年ぶり2度目を優勝を決めた。

■第48回 明治神宮野球大会
日程詳細・応援メッセージ
トーナメント表

◇14日開催の試合結果◇
明徳義塾 4 - 0 創成館

【関連記事】
「4強」を打ち崩すのはどのチームか?!秋季高知県大会2回戦以降の展望! 【ニュース - コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
島原中央が8回コールド勝ち!【秋季長崎県大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
大手前高松vs明徳義塾【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
創成館 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る