広陵・真鍋 慧 ※写真は過去の試合より

トーナメント表
中国大会の勝ち上がり

トーナメント表
広島県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
岡山県大会の勝ち上がり

トーナメント表
鳥取県大会の勝ち上がり

トーナメント表
島根県大会の勝ち上がり

トーナメント表
山口県大会の勝ち上がり

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
第139回 秋季中国地区高等学校野球大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 第139回秋季中国地区高校野球大会は6日、決勝戦が予定されており、広陵(広島)と(山口)による試合となっている。

 広陵で注目されるのは、世代を代表するスラッガー・真鍋 慧内野手(2年)。中国地区大会ではホームランこそ出ていないが、打点はチーム最多タイの4打点。しっかりと結果を残している。また、中国地区大会では2番に入る谷本 颯太内野手(2年)も4打点、4番を任されている小林 隼翔内野手(2年)は3打点をマーク。チーム全体21打点のうち、3人で11打点と強力だ。

 さらにこの3人の前を打つ1番・田上 夏衣外野手(2年)はチームトップの打率.556と絶好調。9番ながら打率5割を誇る松下 水音内野手(2年)と攻撃力のある打線になっている。3試合24得点の強力打線は伊達ではない。

 対しては決勝までの3試合すべて、3点差以内の試合を勝ち上がってきた粘り強さがある。中心を担う升田 早人投手(2年)は1人で投げ抜いてきている。出所が見えにくいだけではなく、角度を付けた直球が魅力的だが、ここまで投げ抜いた疲労がどう出るか。

 強力打線と大エースが決勝戦で激突するのか。決勝の行方から目が離せない。

 なお優勝すれば、明治神宮大会では初戦で東京代表と対戦することとなっている。

■11月5日の試合

第139回 秋季中国地区高等学校野球大会

第139回 秋季中国地区高等学校野球大会
準決勝 広陵    8  -  6    鳥取城北 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) 応援メッセージ
   2  -  1    高川学園 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) 応援メッセージ

■11月6日の試合

第139回 秋季中国地区高等学校野球大会

第139回 秋季中国地区高等学校野球大会
決勝 広陵 13  -  0    広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) 応援メッセージ