トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権西東京大会は31日、決勝が行われ、日大三が6対2で東海大菅生を下し、4年ぶり18度目の夏甲子園出場を決めた。

 東海大菅生は1回、2死二塁から4番・酒井 成真外野手(3年)が左前適時打を放って1点を先制した。また4回には藤井 颯太外野手(3年)の内野安打で1点を追加した。

 しかし、日大三は6回、1死二、三塁から7番・川崎 広翔捕手(3年)の右前2点適時打で同点とすると、9番・松藤 孝介投手(3年)のスクイズ、敵失で2点を勝ち越した。7回には村上 太一外野手(3年)の左翼席への2ランも飛び出し、6対2とリードを広げた。

 先発の松藤は7安打2失点(自責1)の完投勝利だった。

★決勝(神宮)
日大三
000004200=6
100100000=2
東海大菅生
【日】松藤
【東】鈴木泰、日當
▽本塁打 村上(日)

■7月31日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会
決勝 日大三    6  -  2    東海大菅生 明治神宮野球場 応援メッセージ