智辯和歌山の選手たち

トーナメント表
和歌山大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

注目選手リスト
全国トップレベルの二刀流を擁する智辯和歌山、全国クラスの投手を擁する市立和歌山など公立校にも好選手が多数

日程・結果一覧
和歌山TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権和歌山大会は29日、決勝が行われ、智辯和歌山が7対2で桐蔭を下し、3大会連続26度目の夏甲子園出場を決めた。

 智辯和歌山は本塁打攻勢で勝利した。2回、青山 達史内野手(2年)が左中間へのソロを放って1点を先制。6回には渡部 海捕手(3年)が左中間へのソロを放って2対0とリードを広げた。

 1点を返されて迎えた8回には、塩路 柊季投手(3年)が左越えの2ランを放つと、渡部のこの日2本目となる左越え2ランが飛び出して勝負を決めた。


 昨年夏、甲子園を制した猛打のチームが、決勝で4発を放つなど今年も強さは健在。夏連覇を目指して最高の形で聖地に乗り込む。

★決勝(紀三井寺公園)
智辯和歌山
010001050=7
000000110=2
桐蔭
【智】塩路
【桐】高野、寺田
▽本塁打 青山、渡部2、塩路(智)

■7月29日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会
決勝 智辯和歌山    7  -  2    桐蔭 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ