トーナメント表
鳥取大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
鳥取TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月27日の第104回全国高等学校野球選手権鳥取大会は、決勝戦が行われた。

 決勝は昨秋を制した鳥取商と好投手伊藤 愛希を擁し、熱戦を勝ち抜いてきた倉吉総合産の対決。

 試合は鳥取商の先発山根汰三、倉吉総合産の先発伊藤愛希が立ち上がりから好投を見せる。これまでチームを支えてきた好投手同士の投げ合いは両者譲らず、無得点のまま試合は進む。鳥取商は5回の二死まで取ったところで四球と失策でピンチを迎える。ここでエース岩崎翔にスイッチ。岩崎が見事に三振でピンチを切り抜ける。ここから、7回二死までもう一度山根が登板するが、また岩崎にスイッチ。小刻みな継投で倉吉総合産の打線に隙を与えない。0対0の緊迫した試合は9回では決着がつかず、延長戦に突入する。

 延長では両チーム好機をつくるも、倉吉総合産の伊藤、鳥取商の岩崎が得点を許さない。気迫の投球と賢守で、1点が遠い展開に。延長戦は13回、タイブレークに突入。13回は両チーム無得点に終わるが、迎えた14回についに試合が動く。倉吉総合産が満塁とすると、これまで熱投を続けてきた岩崎が押し出しの死球を与えてしまい、倉吉総合産に待望の1点が入る。追う展開となった鳥取商は、満塁とすると5番坂本大河がセンターへヒットを放ち、一気に二人のランナーが生還。坂本の劇的な逆転サヨナラヒットで大熱戦に幕を下ろした。2対1で鳥取商が鳥取の夏を制した。

 鳥取商は昨年の夏に決勝で涙をのんだが、その雪辱を晴らした。決勝戦にふさわしい大熱戦をものにした鳥取商が、3回目の夏の甲子園を決めた。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会
決勝 鳥取商    2  -  1    倉吉総合産 ヤマタスポーツパーク野球場 応援メッセージ