トーナメント表
東東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
関東一のプロ注目外野手、帝京の大型打線、二松学舎大付の俊足強打の外野手など東東京も逸材揃い
関東一、二松学舎大附が優勝筆頭格 11年ぶり優勝狙う帝京などに注目

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月25日、東東京大会準々決勝2試合が明治神宮球場で開催された。

 第1試合は、帝京が3回裏に7番稲垣 渉外野手(2年)の満塁本塁打などで7対0と大きくリードし、3投手の継投リレーで7回コールド勝ち。そして、第2試合は日体大荏原は2対1で迎えた4回裏、一挙3点を入れて、5対1と突き放し、その後、点を追加し、8回裏に2点を入れて、8対1とコールド勝ちを収め、32年ぶりのベスト4進出を決めた。

 26日は西東京大会準々決勝2試合が開催される。

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会
準々決勝 日体大荏原    8  -  1    都立小山台 明治神宮野球場 応援メッセージ
帝京    7  -  0    堀越 明治神宮野球場 応援メッセージ

■7月28日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会
準決勝 日体大荏原    6  -  1    都立城東 明治神宮野球場 応援メッセージ
二松学舎大附    7  -  4    帝京 明治神宮野球場 応援メッセージ