生盛 亜勇太(興南)

トーナメント表
沖縄大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
沖縄TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権沖縄大会は17日、決勝が行われ、興南が7対1で沖縄尚学を破り、4年ぶり13度目の夏甲子園出場を決めた。

 3回、最初に訪れたチャンスをしっかりものにした。チーム初安打を足掛かりに連続適時打で3点を奪うと、この日先発マウンドに上がっている背番号9の5番・安座間 竜玖外野手(3年)の2点適時打も飛び出し、一気に5点を奪った。6回にも2点を奪って勝負を決定づけた。

 準決勝で149球を投げて勝利に貢献した背番号1の生盛 亜勇太投手(3年)が6回から登板。沖縄尚学に反撃を許すことなくエースの役割もしっかり果たした。

 興南ナインは新チームとなって、沖縄県内の試合では「無敗」のまま夏の頂点をつかんだ。昨年秋は優勝。今年の春は初戦を前に無念の出場辞退となり「不戦敗」。悔しさを胸に今夏を迎えていた。苦難を乗り越えたナインが最後まで強さを見せつけて県内「11連勝」。そのフィナーレを3年前に延長戦の末に敗れた沖縄尚学へのリベンジで締めくくった。

 沖縄尚学は5回に1点を奪うのがやっとだった。1回から3回まで毎回先頭打者を安打で出しながら、得点につなげられなかったのが響き、チーム初の3大会連続夏甲子園出場は夢と消えた。

沖縄尚学のスタメン
(二)仲村渠 叶夢(3年)
(右)玉那覇 世生(2年)
(中)知花 慎之助(2年)
(一)仲田 侑仁(2年)
(三)川満 渚生(2年)
(左)真喜志 賢治(3年)
(捕)前盛 魁来(3年)
(投)吉山 太陽(3年)
(遊)金城 良輔(3年)

興南のスタメン
(遊)仲程 雄海(2年)
(一)長田 悠(3年)
(中)禰覇 盛太郎(3年)
(捕)盛島 稜大(3年)
(投)安座間 竜玖(3年)
(左)長嶺 龍希(3年)
(二)国吉 琉心(3年)
(三)呉屋 輝(3年)
(右)照屋 寛晟(3年)

■7月17日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
決勝 興南    7  -  1    沖縄尚学 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ