トーナメント表
近畿大会の勝ち上がり

 5月29日、近畿大会決勝戦が行われ、智辯和歌山vs大阪桐蔭の一戦は1回表、智辯和歌山山口 滉起外野手(3年)がいきなり先頭打者本塁打を放ち、先制。さらに二死満塁のチャンスから相手の敵失で2点を追加し、いきなり3点を先制。智辯和歌山は小刻みな継投リレーで大阪桐蔭打線を抑え込む。

 6回裏から148キロ右腕・武元 一輝投手(3年)が力投。最後の打者を左飛に打ち取り、16年ぶり3回目の近畿大会優勝を決めた。大阪桐蔭の公式戦連勝は29でストップした。

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

■5月29日の試合

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会
決勝 智辯和歌山    3  -  2    大阪桐蔭 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ