今年のドラフト会議では支配下69人、育成で57人の合計126人が指名を受けた。

 上位指名の浅野 翔吾外野手(高松商→巨人1位)や松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭→DeNA1位)をはじめ、下位指名でも山田 陽翔投手(近江→西武5位)に、林 優樹投手(近江→西濃運輸→楽天6位)のように甲子園を沸かせた選手は多い。

 そこで各球団の支配下指名選手の甲子園出場歴を振り返ってみたい。(2020年の交流試合は含めない)

 楽天は事前の公表通り1回目で荘司 康誠投手(新潟明訓出身)へと入札した。ロッテと重複するも、当たりくじを引き、交渉権を獲得した。荘司は新潟明訓時代に甲子園出場の経験はない。

 ドラフト2位の小孫 竜二投手(遊学館出身)は高3年夏に甲子園の土を踏んだ。初戦で九州学院(熊本)と対戦。伊勢 大夢投手(現DeNA)に投げ勝っている。また村上 宗隆内野手(現ヤクルト)を4打数ノーヒットに抑え込んだ。しかし、続く東海大相模(神奈川)戦では小笠原 慎之介投手(現中日)に投げ負け、4回途中6失点(自責5)でマウンドを降りた。豊田 寛外野手(現阪神)に対しては2打数ノーヒットと封じ込めている。

 ドラフト3位の渡辺 翔太投手(北九州高出身)、同4位の伊藤 茉央投手(喜多方高出身)、同5位の平良 竜哉内野手(前原高出身)は、いずれも高校時代に甲子園に出場できなかった。

 ドラフト6位の林は近江(滋賀)で2年春夏、3年夏と3度甲子園に出場した。

 2年春は3回戦で星稜(石川)と対戦し6回3失点で敗れた。星稜奥川 恭伸投手(現ヤクルト)が中継ぎで登板し、4.2回を投げ無失点。同年夏は4試合に登板。準々決勝では吉田 輝星投手(現日本ハム)擁する金足農(秋田)相手に中継ぎで登板するも9回に2点スクイズを許しサヨナラ負けを喫した。

 3年夏は初戦で西川 僚祐外野手(現ロッテ)、山村 崇嘉内野手(現西武)、遠藤 成内野手(現阪神)を擁する東海大相模相手に9回6失点(自責1)の内容で敗れた。大会終了後にはU-18侍ジャパンに選出されU-18ワールドカップに出場し3試合に登板した。

 楽天はドラフト2位の小孫と同6位の林に甲子園出場経験があり、その他の4人は聖地に手が届かなかった。

【楽天ドラフト指名】

<支配下>
1位:荘司 康誠新潟明訓→立教大/投手)
2位:小孫 竜二遊学館→創価大→鷺宮製作所/投手)
3位:渡辺 翔太北九州高→九州産業大/投手)
4位:伊藤 茉央(喜多方高→東農大北海道オホーツク/投手)
5位:平良 竜哉前原高→九州共立大→NTT西日本/外野手)
6位:林 優樹近江→西濃運輸/投手)

(記事=勝田 聡)