プロ野球界の2022年シーズンがスタートする。開幕は3月25日。2月1日のキャンプインから12球団が開幕に向けての準備期間に突入する。

 今季の見どころとして、今シーズン中に達成されそうな記録がある。今季はどんな記録がかかっているのか。各球団ごとに投手と野手に分けて紹介していく。

 今回はDeNAの野手。今季10年目を迎える宮﨑 敏郎内野手(厳木高出身)が通算1000安打を狙う。2017年には打率.323で首位打者にも輝いたが、その年から5年連続で100安打以上をマークしてきた。現在は885本で、節目まであと115本。十分可能な数字で3年連続3割マークもかかる。国内FA権取得も行使せずにチーム残留した男がさらなる飛躍を狙う。

 また来日5年目となるソト内野手は150本塁打まで、あと20本。ここまで4年連続で20本以上はマークしており、達成には問題ない。さらに500安打(あと28本)、1000塁打(あと66)も射程内だ。

 その他、DeNA野手の達成がかかる主な記録は以下の通り。

藤田 一也内野手(鳴門第一出身)
  1500試合出場(あと93)
  250犠打(あと16)

伊藤 光捕手(明徳義塾出身)
  1000試合出場(あと83)
  200犠打(あと38)

大田 泰示外野手(東海大相模出身)
  100本塁打(あと25)

大和内野手(樟南出身)
  200犠打(あと13)

<DeNAで今季プロ入り後、10年目以上を迎える野手>
※2022年支配下登録で育成、MLB期間含む。カッコ内は出身高校。

17年目 大和内野手(樟南
15年目 伊藤 光捕手(明徳義塾
11年目 髙城 俊人捕手(九州国際大付
    桑原 将志外野手(福知山成美
10年目 宮﨑 敏郎内野手(厳木