狭間監督(明石商)、長尾監督(高松商)など高校野球界で存在感を見せる「中学野球の名将」たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.09

明石商の狭間善徳監督

 近年の高校野球界で、大きな存在感を示しているのが中学野球の指導経験がある監督だ。
 中学野球の名将が高校野球でも実績を残すケースが目立っており、きめ細かい中学生への指導が高校野球の指導にも大きく活かされることを感じさせる。今回は、高校野球でも実績を残す、中学野球の指導経験がある監督を紹介していきたい。

 明石商の狭間善徳監督は、高知・明徳義塾中野球部のコーチ、監督を務めてきた経歴を持つ。チームを4度の全国制覇に導き、中学野球界の名将として名を馳せると、2006年からは明石市が新設した民間人採用枠で明石商の監督に就任。
 11年春の兵庫県大会で優勝し近畿大会へ出場を果たすと、2016年には選抜甲子園に初出場を果たす。2019年には春夏連続で甲子園ベスト4入りを果たして、今や全国屈指の名門校と呼ばれるまでになった。

 また2018年から仙台育英を率いる須江航監督も、系列である秀光中等教育学校野球部を全国屈指の強豪に育てた名将だ。攻撃だけで無く、守備や走塁にも確率論を用いたキメの細かいデータ野球を高校野球にも応用し、就任した2018年から2年連続で夏の甲子園にチームを導いてる。

 他にも中学軟式野球界からは、四国の古豪・高松商の長尾健司監督の名前が挙がる。
 丸亀市立飯山中や香川大教育学部付坂出中で、全国大会出場の実績を残すと、2014年に高松商の監督に就任。2016年に選抜甲子園で準優勝を果たすと、2019年には好投手・香川 卓摩を擁して春夏連続で甲子園出場を果たした。

 さらに同じ四国では、高知商の上田修身監督が、2018年の第100回選手権大会で大きな存在感を示した。
 長年、高知県の公立中学校で指導者を務め、中学時代の藤川球児(阪神)も指導した経験を持つ上田監督は、2015年に母校の高知商に就任すると強打のチームを作り上げて、チームを12年ぶりに甲子園へと導いた。1回戦の山梨学院戦、2回戦の慶應義塾戦で見せた強打は記憶に新しいだろう。

 中学硬式出身の監督に目を移すと、秀岳館で一時代を築いた鍛冶舎巧監督が挙げられる。
 松下電器(現パナソニック)に務める傍ら、大阪府のオール枚方ボーイズの監督を務め、ジャイアンツカップで3度の優勝に導くなど、輝かしい実績を残した。
 その後、2014年4月より熊本・秀岳館の野球部監督に就任すると、2015年の秋季九州大会で優勝を果たし、明治神宮野球大会に出場を果たす。翌2016年の選抜甲子園からは三季連続で全国ベスト4に進出し、2018年3月からはは県立岐阜商で指揮を執ってる。

 その他にも、敦賀気比の東哲平監督は、福井の硬式野球チーム・オールスター福井ヤングの監督を務めた実績を持ち、また2019年の4月に青森山田の監督に復帰した兜森崇朗監督も、青森山田リトルシニアの監督を務めた経歴がある。

 このように「中学野球の指導者出身」の監督は、高校野球でも指導力に定評のある指導者が多い。中学野球の指導は、高校野球にも大いに活かされることを感じると同時に、「監督の指導力」の大きさを痛感させられる。
 これからの活躍も非常に楽しみであり、「中学野球出身」のさらなる新星の登場にも期待したい。

(文=栗﨑 祐太朗)

関連記事
ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題
化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。
2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで!

【関連記事】
今年の外野手は来田涼斗、西川僚祐など大型外野手揃い!大化けする可能性を秘めた外野手18名リスト! 【ニュース - コラム】
敦賀気比が土壇場から同点に追いつき、1番東 鉄心のサヨナラ安打で5年ぶりの決勝進出! 【ニュース - 高校野球関連】
仙台育英vs湯沢翔北【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
敦賀気比vs新潟明訓【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
第135回 甲子園で光った新世代を牽引する永野司(倉敷商)、笹倉世凪(仙台育英)の2人のサウスポー【高校野球コラム】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
倉敷商vs仙台育英【2020年甲子園高校野球交流試合】
尽誠学園vs高松商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
香川 卓摩(高松商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る