目次

[1]厳しい筑川コーチの指導で成長を見せる
[2]エースとして自覚を持ち、2年連続出場に貢献

[3]息が長い投手になりたい


 今年の社会人を代表する速球投手といえば、Hondaの齋藤友貴哉投手だ。184センチの長身から投げ込む速球の最速は153キロ。Hondaの主戦投手として2年間活躍を見せてきた。そんな齋藤は高校時代は控え投手。それもほとんど公式戦での登板がない投手だった。齋藤はいかにして才能を開花させたのか。野球を始めてからこれまでのストーリーを振り返っていく。

「投手人生を大きく変えた桐蔭横浜時代」 遅咲きの153キロ右腕・齋藤 友貴哉(Honda)【前編】

厳しい筑川コーチの指導で成長を見せる

 齋藤の成長に大きく携わったのが筑川利希也コーチだ。東海大相模出身の筑川コーチは、高校3年春(2000年)に選抜優勝を経験。そしてHondaでは2009年にエースとして都市対抗優勝に貢献。大会MVPにあたる橋戸賞を獲得した。175センチと投手としてはそれほど上背がない筑川コーチは、それを補う投球術によって、輝かしい実績を残してきた。だからこそ筑川コーチの目から入社当時の齋藤は物足りないものが数多くあった。

 「初めて見た時はけっこう手のかかりそうなピッチャーだなという印象しかないです。そこからコーチとしていろいろ会話をしていく中でもやらなきゃいけないことが多い選手だなという印象しかないですね。プロに行きたいという本人の目標がありながら、その間の社会人で結果を出させないと、たぶん大学で(ドラフトに)かからなかったというところのもう一個上には行けないというのがあったので、そういう意味でどこからどう指導していこうか、という選手でした。」

 技術の前に投手としての心構え、基礎が足りないと感じたのだ。まず行ったのはピッチングの前に体の使い方からだった。

 「もう歩き方や走り方からですね。投球動作を考える前にまず自分の身体をどう使うかということを考えて練習しなさいと言い続けてきました。まず最初に彼に行ったのは、『もし俺にお前の体があれば160キロ投げられるよ』といいましたね。

 だから、外から見てる人からしたら、なんで野球の練習じゃなくて身体の動かし方ばっかりやってんの?ってたぶん思うぐらい、まずそこから徹底して自分はやらせているので。そこが理解できていないのに、どうやってもっと複雑な投球動作やりますか?という話です」


筑川力希也コーチと話す齋藤友貴哉

 指摘は辛らつ。だが筑川コーチは、184センチ91キロと恵まれた体格、さらに肩甲骨の柔軟性も優れていた齋藤の体を見て、大きな可能性があるとみていたのだ。

 筑川コーチの指導を受けて一歩ずつ成長を見せる。
 まず入社1年目の3月に行われたスポニチ大会ですぐに登板機会が与えられ、3月12日の鷺宮製作所戦で完封勝利。そして3月14日の決勝戦・トヨタ自動車戦でも先発登板。2試合の活躍が評価され、いきなり新人賞を受賞する。

 「結局優勝できなかったので、『新人賞』をいただいたのは嬉しかったんですが、決勝で3回で降りるんじゃなくて、もっとそこで投げられたらとおもいました」と反省したが、それでも上々の社会人デビューだった。

  齋藤は筑川コーチを全面的に信頼している。
 「とにかく知識がすごい方。試合前の準備の仕方が変わりました。スコアブックを見て、このバッターはここに打ってるなというのを見て試合に入ったり、イメージを持って試合に入るというところとか、他にもいろいろあるんですが、いい準備をしているなと思います」

 何かあればすぐに筑川コーチに話を聞いた。相手打者のこと、フォームのこと。投球フォームであれば、「軸足(右足)の膝」が折れないことを意識する。
 「右足の膝が折れないということと、突っ込まないということと、また右腕が遅れて出てくるところがあるので、しっかり出してくるというのを意識してます」そしてメンタルコントロールについてもアドバイスを受けた。

 「筑川さんから『試合前に緊張するのは当たり前だから、その緊張をしっかり受け止めろ』ということも言われますし、ピッチングに良い影響を与えていると思います」齋藤は1年目で都市対抗・東海REX戦でリリーフ登板し、152キロを計測し、2回無失点。早くも大舞台を経験した。
 「1点取られたんですが、都市対抗という大舞台で投げられたというのは、大きな1年目の価値だったと思います」