花田旭、池田陵真、松浦慶斗、宮下隼輔

 優勝候補・大阪桐蔭は23日、2回戦の近江戦で逆転負けを喫した。世代最強とも呼ばれたチームがなぜ2回戦で姿を消すこととなったのか。改めて考えていきたい。

タレント力は最強。それでも圧倒できなかった攻撃。懸念材料だった守備面


 1年前、近畿地区を回ると、今年の近畿をリードするのは大阪桐蔭という声がよく聞かれた。実際に選手たちのパフォーマンスはそれにふさわしいものがあった。特に打撃面については過去に優勝したチームと比較しても、上回るほどのポテンシャルの高さがあった。

 大阪大会では打率.654,2本塁打、14打点と圧倒的な打撃を見せた池田 陵真。主将としても素晴らしく、西谷監督も「選んだというよりも、入ったときから選手同士満場一致で、私もそれだけの人材だと思います」と全幅の信頼を置く。

 東海大菅生戦で本塁打を放ち、抜群の強肩を披露した大型外野手・花田 旭、完成度の高い打撃フォームで本塁打を放った大型一塁手・前田 健伸、2回戦で甲子園でバックスクリーン弾を放った松尾 汐恩、盗塁もできて、右打席、左打席ともに公式戦で本塁打経験のある藤原 夏暉、対応力の広い打撃で、次々と安打を記録する繁永 晟、山口東シニア時代から評判が高かった野間 翔一郎は超俊足で次々と状況を切り開く走塁と広角に打ち分ける打撃っを見せてくれた。

 近江戦で走者一掃の適時二塁打を放った宮下 隼輔は昨秋からクリーンナップとして本塁打も打てるクラッチヒッターとして存在感を示し、三塁守備もバウンド処理が上手く、肩も強い。

 甲子園で2試合で4本塁打。しかも4打者。大阪大会を合わせると、6打者7本塁打を記録したように、とてつもない打線であり、藤原、野間など俊足の野手もスタメンに名を連ねる。歴代の優勝チームと比較しても、タレント力は負けていない。このチームでも圧倒した試合内容ができないことに、野球の難しさを実感する。近江戦では盗塁死が2つあり、機動力を仕掛けられなかったのもあったが、簡単に攻撃が終わるイニングが、大阪大会を通してかなりあり、相手からすれば、それほど怖さは感じないのではないだろうか。

 結果としてアウトになったけれど、次のイニングにつながる内容のある打撃だったというのがあまりなかった。

 また守備面にやや綻びが垣間見えた。というのは、大阪大会、甲子園を見ると、内野手にボールを処理する時、一瞬の間合いがある。いわゆる足が動かない状態だ。無失策の守備を見せたチームと比較すると、捕球⇨処理にいくまで、ボールを待って捕っている。一見、確実に見えるのだが、結構ボールが高めに浮いたり処理を誤ったりする選手が多い。また中継プレーや、カバーリングを見ると、正確さを欠ける場面が見られた。

 秋からこの夏までの失点パターンを振り返るとちょっともったいないなと思うシーンはあり、今までは打力の高さでカバーしていたが、それが通用しない相手になると苦しんでいた。今回はモロにそれが出てしまった試合だった。

 大阪桐蔭は後半戦に強いチームを作ることを長年信条としてきた。それができるためには、試合運び、選手起用、特に無駄なエラーから失点を与えない守備こそが大事となる。今年に関してはオフェンス面では申し分ないけれど、ディフェンス面についてはこの夏に限っては、嫌なところで出てしまったというのが多かった。