みちのく便り~心の高校野球~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第9回 聖光学院高等学校(福島) 前編2013年03月05日


 センバツに出場する聖光学院が2月4日から7日間、キャンプを行いました。場所は千葉県鴨川市。千葉ロッテマリーンズが秋季キャンプで利用する鴨川市営球場をメインに、移動日の4日から9日まで練習し、10日は日本エアロビクスセンターで汗を流しました。

 冬場、グラウンドを思うように使用できないのは雪国の宿命です。センバツは3月。雪に悩まされない地域に比べれば、やはり、ハンデは否めません。2004年に北海道の駒大苫小牧が甲子園で優勝、翌年は連覇し、2006年には準優勝。この時、「雪上ノック」など環境を言い訳せずに利用する姿が話題となりました。これにより、確かに、雪国で野球に取り組む人々の意識は変わったと思います。ただし、一括りに「雪国」と言っても、地域によって環境は違います。降雪量に雪そのものの質。「雪上ノック」ができるほど固まればいいですが、多くは柔らかな雪で固まりにくく、すぐに溶けてしまう。グラウンドの端は所々白く、あちこちに雪解け水が浮いている。これは言い訳ではなく、現実の話。

 聖光学院ではグラウンドに雪が積もっても準硬式球で打撃練習をしています。しかしながら、守備練習は難しい。基礎基本の反復になります。当然のことながら、それでは試合になりません。

▲聖光学院高等学校 斎藤智也 監督

 斎藤智也監督は言います。
 「守備と実戦の練習がきついよね。バッティングにしろ、守備の基本にしろ、パーツごとの練習はできるし、ピッチャーもブルペンで投げられるし、室内は狭いけど走塁の練習も狭いスペースを利用してできるんだけど、それらを融合させるのが一番、大変なんだよね。例えば、内野なら一、三塁のダブルスチールの対応とか。一死満塁でサードゴロだったら、5・2・3なのか、5・4・3なのか、何パターンもあるわけでしょ。こういうのは向こう(福島)だと難しいよね。こっちに来て、何をしたいかと言えば、パーツ、パーツは戻ってもできるから、とにかく融合措置なんだよね。融合措置の最たるものは試合なんだよね。

融合措置の中で重視したいのは、投内連携中心の内野の判断力の練習なんだよね。ランナーの足の速さがそれぞれ違う中でさ。そうなると、優先順位は紅白戦。そして、内野の連携、投内連携。極端な話、この2つができれば、試合には太刀打ちできるんだよね」


このページのトップへ

【次のページ】 聖光学院高等学校(福島) 前編(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム