第66回 「自分の避け方悪かった」死球辞退後にホームランの菅原 謙伸 海外メディアも「これはカルマ」と称賛2019年08月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

菅原 謙伸(花咲徳栄)

 この夏、あるワンプレーが話題となった。それは大会6日目第4試合に行われた、明石商花咲徳栄の試合で起きた。

 明石商の1点リードで迎えた7回表、一死走者なしの場面。打席に立っていたのは花咲徳栄の9番・菅原 謙伸捕手だ。明石商の2年生エース・中森 俊介の抜けた変化球が、菅原の左肩付近に当たった。球審が歩み寄り、死球と判定されるかに思われたが、ここで菅原が予想外の行動に出た。

 「自分の避け方が悪かった」と、自ら死球を辞退。球審、相手バッテリー、相手ベンチに頭を下げ、再び打席に立ったのだ。再開直後の投球を振り抜くと、打球はレフトスタンドに飛び込む同点弾となった。

 この行為に対し、13日、アメリカのYAHOO!SPORTSは「Japanese High Schooler Shows Great Sportsmanship(日本の高校球児が見せた素晴らしいスポーツマンシップ)」の見出しで、一連の流れを紹介した。

 「花咲徳栄菅原 謙伸は7回の打席で、明石商の投手の球が直撃した。しかし一塁へは進まず、自ら『前のめりになってしまった』と話し、相手投手、相手ベンチに頭を下げ、打席に戻った。そして、ホームランを放った。」

 この記事を書いたダン・ガートランド記者は「I think that’s called karma.(これはカルマだと思う)」と記した。カルマとは、「業、行為、宿命」などと訳されるが、「良い行為にしろ、悪い行為にしろ、いずれ自分に返ってくる」とう因果応報を表す言葉だ。

 同記者は、このような言い回しで菅原の行為を称賛しているのだ。

 野球に限らず、勝ちに執着すると、相手を欺くことすら「必要なこと」と思ってしまいがちだが、菅原のようなフェアプレー精神を忘れずにありたい。また、そんな高校野球の姿を見せてくれた菅原に、改めて拍手を送りたい。

(記事=林 龍也)

関連記事はこちら!
明石商vs花咲徳栄 両チームのプロ注目選手、そしてキャッチャーの活躍光る好ゲーム
これが9番!?ネガティブを成長に変えた岩手育ちの「大型捕手」 菅原謙伸(花咲徳栄)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第32回 「仮面ライダービルド」黄羽役・吉村卓也がセンバツ注目投手を紹介!ピックアップした3投手とは【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
菅原 謙伸(花咲徳栄) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム