News

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23


吉岡 伸太朗、門倉 昂大(ともに専大松戸)

18日に開幕した春季関東大会はベスト4が出揃った。152キロ右腕・昆野 太晴投手(白鷗大足利)らドラフト候補のアピールも光る一方、1年生たちも躍動している。

1年生で最もアピールしたのは専大松戸吉岡 伸太朗内野手だ。千葉県大会では準々決勝の市立柏戦で公式戦デビューし、2安打の活躍。準決勝、決勝戦でも先発、県大会では11打数7安打の活躍を見せた。関東大会の東海大相模戦でもスタメン起用され、4打数2安打だった。吉岡は178センチ93キロと恵まれた体格をした左のスラッガーで、すり足気味でタイミングを取る姿は清宮 幸太郎内野手(日本ハム)の早稲田実時代を彷彿とさせる。特に第4打席は140キロ超えの速球を投げ込む塚本 空輝投手(3年)から痛烈な右前安打を放った。この内容に持丸修一監督も絶賛だ。
「しっかりと引っ張って良い打球を打つことができていましたよね。彼は楽しみな選手ですよ。これほどの左打者は歴代でもなかなかいません」
当初、サードは守備力の高い鵜澤 覚斗内野手(2年)だったが、スタメン起用されてからの活躍で、ポジションを奪い取った。関東大会ではどんな結果になってもフル出場させる方針だったという。
「守備は慣れていない挟殺プレーでのエラーもありましたが、本来は守れる選手。これも経験です。とにかく彼は打撃です。上手く行けば4番も打てる可能性はあります。打撃練習では本当に飛ばしますし、速球も引っ張れる。性格も明るくていいですよ」
持丸監督の構想通り4番打者を打てる成長を見せれば、現在、4番を打っている清水 友惺外野手(3年)を他の打順で打たせたいという。清水は走攻守三拍子揃っていて、アベレージ型の選手。長打よりも、チャンスメイクに徹したほうが持ち味を出しやすい選手なので、吉岡はこの夏のキーマンとなる選手だろう。

門倉 昂大投手もリリーフ登板した。左腕のグラブを高く掲げて、真っ向から振り下ろす本格派右腕。常時130キロ中盤の速球、スライダー、カーブを投げわけ、1年生としては能力は高い。持丸監督は「彼も期待の投手。経験させられたのはよかった」と手応えを感じている。149キロ右腕・梅澤 翔大投手(3年)の1年生時も130キロ中盤ほどだったので、3年生までには140キロ以上は十分に期待できるだろう。

ベスト4入りした帝京立石 陽嵩内野手が準々決勝の花咲徳栄戦で途中出場して、適時打を放った。パワフルなスイングが魅力の右のスラッガータイプで、今後の成長にも期待がかかる。石井 諒佑外野手(中央学院)は常総学院戦で5番レフトで出場。1打席だけに終わったが、夏までさらにレベルアップすれば、出場機会は増えるだろう。

藤田 蒼海投手(山梨学院)は東海大菅生戦でリリーフ登板。関メディベースボール学院中等部出身で、ポニー、U-15と2カテゴリーで日本代表を経験。中学時代は巧打堅守のショートとして活躍していた選手で、この3年間、投打ともにどこまでレベルアップするのか楽しみだ。

今大会は14人がベンチ入り。この中から高校球界を代表する選手が現れるのか注目だ。

【関東大会ベンチ入り1年生】
安倍 大紅郎投手(樹徳・宝泉中)
桒原 歩岳内野手(樹徳・藪塚本町中)
齋藤 塁内野手(昌平・東練馬シニア)
中島 航作内野手(昌平・志村ボーイズ)
門倉 昂大投手(専大松戸・八千代中央シニア)
吉岡 伸太朗内野手(専大松戸・白井中央ボーイズ)
宮尾 日白内野手(専大松戸・松戸中央ボーイズ)
石井 諒佑外野手(中央学院・江東ライオンズ)
仁禮 パスカルジュニア投手(帝京・愛知守山ボーイズ)
立石 陽嵩内野手(帝京・京葉ボーイズ)
池田 大和内野手(帝京・東松山中央ボーイズ)
関根 悠楽内野手(帝京・広東ライオンズ)
藤田 蒼海投手(山梨学院・関メディベースボール学院中等部)
菰田 陽生内野手(山梨学院・千葉西シニア)

<関連記事はこちら>
◆【一覧】全国スーパー1年生リスト
◆中学日本代表7人輩出・ポニーリーグ強豪チームの進路がスゴい! エースは大阪桐蔭、遊撃手は山梨学院など甲子園常連校に続々進学!
◆【トーナメント表】春季関東大会準々決勝までの結果
◆【一覧】ドラフト候補リスト・春季大会最新版

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

1 Comment

  1. たらこ

    2024-05-24 at 9:20 AM

    おおやぎいっせい

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】