News

山﨑伊織(巨人)が無双状態! 開幕からいまだゼロの圧巻の記録とは?

2024.05.21


山﨑伊織(巨人)

巨人4年目右腕・山﨑 伊織投手(明石商出身)が、「2年目のジンクス」打破に挑んでいる。昨シーズン、規定投球回数をクリアして、プロ初の2ケタ勝利をマーク。プロ1年目は右肘のリハビリに専念しながら3年目で開花した。ブレーク2年目となる今シーズン。苦労人にとってプロ4年目も、ここまで順調に結果を残している。

7試合(7先発)4勝0敗、防御率1.51
29奪三振、15四球 8失点(8自責点)

今季はまだ、開幕から負けなしの4連勝を飾っている。5月7日の中日戦では4安打完封劇を披露。119球でプロ2度目の完封勝利を手にした。勝利がつかなかった試合でも5回以上を投げて、3失点以内にまとめて、試合を作っている。チームはもちろんのこと、リーグ内でもトップクラスの成績を誇る。

4勝=リーグ2位タイ
勝率1.000=リーグトップタイ
防御率1.51=リーグ3位

さらに、誇れる結果として、今季、まだ本塁打を許していないことが挙げられる。7試合47.2回を投げて被本塁打は0。今季、ここまで規定投球回をクリアしているセ・リーグ投手で、本塁打を許していないのは、中日・小笠原 慎之介投手(東海大相模出身)と山﨑だけだ。昨年、自身の開幕からの7試合登板で、すでに5本の本塁打を許していたことを考えれば、大きな成長であることは間違いない。

21日は前回完封勝利を挙げた中日戦に先発予定。対中日はプロ入りから9試合に登板して5連勝と大得意としている。対中日初登板から6連勝を飾るとなると、レジェンド右腕、沢村栄治氏に並ぶことにもなる。

ハーラートップに並ぶ5勝目と、勝率10割キープがかかる大事な先発マウンド。交流戦スタート前、最後となる区切りの試合で、「無双」ぶりを加速させていく。

<関連記事>
◇巨人育成4年目内野手 成績の伸びがすごい! 打率・出塁率が大幅アップ、残り5人の支配下枠滑り込みなるか!?
◇高卒4年目・中森俊介(ロッテ)がついに台頭!明石商時代に見えた“野心家”の一面【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.11】
◇「2年目のジンクス」はもはや死語!? オリ山下と阪神村上、昨年の新人王には「いい予感しかしない」

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?