News

「2年目のジンクス」はもはや死語!? オリ山下と阪神村上、昨年の新人王には「いい予感しかしない」

2024.02.27


山下 舜平大・村上 頌樹

オリックス・山下 舜平大投手(福岡大大濠出身)が、エンジンを全開させている。25日のブルペン投球で155キロを計測。自分でも驚くほどの仕上がりも、まだまだ球速はアップできると手応えを感じているという。

ここまで2度のライブBP登板をこなし、調整は順調にきている。休日返上でトレーニングに励むなど精力的。球数を抑え目に調整してきてきたが、開幕を約1カ月後に控えた時期だけに、山下の体も自然と反応してきているようだ。

初の対外試合となるのは28日ロッテ戦。どんなピッチングを見せてくれるのか。2年連続開幕投手を狙う160キロ右腕の今季のスタートに注目したい。

そのオリックスを破って、昨年日本一に輝いた阪神では、昨シーズンMVPの村上 頌樹投手(智辯学園出身)が、開幕投手へ意欲を見せている。ここまでの対外試合で2試合に登板。5回を3安打1失点。4三振を奪っている。新たなツーシームを試すなど、バージョンアップに余念がない。

次回登板予定は3月5日。イニングを増やすなど、開幕に向けてピッチを上げていくと思われる。

オリックス山下と阪神村上は、昨年のセパ両リーグの新人王。近年では、新人王翌年も成績がアップしているケースが多い。いわゆる「2年目のジンクス」は、あまり当てはまっていないのが現状だ。ここまでの調整を見る限り、この2人も昨年よりも成績を残す予感しかない。

3月29日。新人王翌年となる2人が、ともに開幕戦でマウンドに上がる姿を見てみたい。

<関連記事はこちら>
◆オリックスがキャンプメンバー発表 1軍スタートの育成5投手が山本由伸に代わるジョーカーとなるか
◆阪神 超絶ハイレベルの「左腕王国」ができあがった! 19歳門別は「大きな課題は見当たらない」と阪神OBも絶賛!
◆ブレイク寸前! 12球団”高卒3年目”飛び出すのは誰だ!? 阪神前川、広島田村、オリ池田、ハム有薗らがキャンプで猛アピール!

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>