試合レポート

【関西学生】ドラ1候補・金丸(関西大)はリリーフで4回8K無失点の快投!35回を投げて、防御率0.00、無四球を継続中!

2024.05.08


4回1安打8奪三振無失点の好救援を見せた金丸夢斗(関西大)

関西大の1勝1分で迎えた3回戦は関西大が2対1で勝利。今季2つ目の勝ち点を獲得した。

今秋のドラフト1位候補である金丸 夢斗(4年=神港橘)は2対1と1点リードの6回裏からリリーフ登板。「同点もしくはリードしていたら6回から金丸で行くというのは選手全員に言っていました」と小田洋一監督が試合前から思い描いていた通りの起用だった。

2日前に11回137球を投げていた金丸だが、「昨日で疲労は取れたので、多少は張っていましたけど、良い具合に力感なく投げられたので良かったです」と疲労を感じさせない投球を見せる。

「スプリットが非常に落ちていたので、三振を取りに行く時はスプリットで組み立てていました」と130キロ台後半のスプリットを武器に立ち上がりから5者連続三振。8回裏には安打を浴びて二塁に進まれたが、牽制でアウトにして得点を許さない。

9回裏も簡単に二死とすると、最後は外角にこの日最速となる150キロのストレートで見逃し三振を奪い、チームに勝ち点をもたらした。

この日は4回を投げて、1安打8奪三振で無失点。今季はここまで5試合35回を投げて自責点0と無双状態が続いている。

特に際立つのが四死球の少なさ。開幕節の京都大戦で死球を1つ与えただけで、今季は四球を1つも出していない。ここまで制球力の高い投手はなかなか見られないだろう。

制球力向上の秘訣に聞いて金丸に伺うと、「甘くても勝負できるような球を投げるということを冬場に取り組んでいました。ボール球で勝負するよりもどんどんストライクを取って、勝負することがこの春にしっかりできていると思います」と答えてくれた。

普通の投手ならボール球を振らせて空振りや打ち損じを狙うが、金丸はストライクゾーンで勝負しても十分に抑えられるほど、質の高いボールを投げることができている。ストレートは140キロ台後半がアベレージで、スプリットも140キロ近くのスピードが出る。これにスライダー、チェンジアップ、カーブを上手く織り交ぜられたら、アマチュアレベルの打線で攻略することは困難だろう。

ストライク中心の投球ができることで、球数も抑えることに成功している。さらに昨春に右ひざを痛めて離脱した反省から、腹圧を重視して、体全体を使って投げることを意識するようになった。それにより、特定の部位に負担がかかることがなくなり、タイトな登板スケジュールでもパフォーマンスを維持することが可能になっている。

首位の同志社大に連勝したことで優勝争いに踏みとどまることができた。11日からは関西学院大との首位攻防戦を控える。ここでも実力を発揮して、勝ち点を奪うことができるだろうか。

<関連記事はこちら>
◆【一覧】関西大野球部 新入生
◆京都大が侍ジャパン・金丸夢斗(関西大)を攻略!開幕戦勝利
◆【一覧】おもな大学野球部 24年度新入生
◆関西大学球界ドラフト候補11人! ドラ1競合必至の剛腕から”隠し玉”まで2024年も大豊作!
◆【一覧】24年ドラフト候補 大学生リスト

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.07

【鹿児島】神村学園は昨秋4強の鶴丸と初戦で対戦<NHK旗組み合わせ>

2024.05.07

【山陰】益田東と米子松蔭、鳥取城北が石見智翠館と対戦<春季大会組み合わせ>

2024.05.07

【熊本】九州学院が文徳を破って22年ぶり3回目の優勝<RKK旗>

2024.05.07

【北海道】函館大有斗、武修館などが初戦を突破<春季全道大会支部予選>

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.06

【2024年夏 全国地方大会シード校一覧】現在27地区が決定!

2024.05.02

春の神奈川準決勝・東海大相模vs.横浜の黄金カード実現! 戦力徹底分析、試合展開大胆予想!

2024.05.02

【茨城】常総学院、鹿島学園、水戸一、つくば秀英が4強入り<春季県大会>

2024.05.02

激戦必至の春季千葉準決勝!関東大会出場をかけた2試合の見所を徹底紹介!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>