Interview

目指すは世界一!代表候補の座を射止めた6人の逸材たち

2024.05.03


スピードスター・山田悠生、3拍子揃った松澤蒼が野手陣を牽引!

日本野球といえば、スモールベースボール。足を生かした細かな野球で世界を相手に戦ってきた。今回のブロンコ代表の選考会でも、駆け抜けとツーベースのタイムを計測するなど、スピードは重要な要素としてチェックしていた。

そのスピードという部分に置いて、アピールに成功していたのは羽田ポニー・山田悠生。
一塁駆け抜けで3.83秒をマークすると、実践練習のなかでもランニングホームランを記録。見ていてもスピード感のあるプレーが印象的だったが、「できる限りのことをやろう」と意気込み、俊足を生かしたプレーで候補選手の座を掴んだ。

決して最初から足が速かったわけではないということだが、小学生の時に親から指導してもらったことで、走力は磨かれたという。
「腕を真っすぐ振ることだったり、足を前に出したりすることを教わりました。あとは小学校の時、休み時間に走ったりすることが多かったので、自然と足は速くなりました」

もちろん、足だけを武器にしているわけではない。「水平にスイングしてミートさせる」というバッティングで、出塁することを心掛けている。来る国際大会に向けても、「ランナーがいなければ自分が出塁し、チャンスの場面なら1本出して、バッティングで盛り上げたい」と打撃でチームに貢献することを誓った。

その山田と同じく走力が光り、今回の候補選手に入ったのが、市原ポニー・松澤蒼だ。

選出されたときは「ちょっとびっくりしました」という松澤だが、一塁駆け抜けは3.55秒を記録。山田以上の脚力を披露した。「(足は)元々自信を持っていた」という実力をいかんなく発揮したというところだろう。

選考会ではピッチャーもやっており、走攻守バランスの良いプレーを見せていた松澤。そのなかでもバッティングにこだわっているという。
「自分の足を生かせるように、逆方向へのバッティングを意識しています。グリップから振り出して、水平にバットを振ろうとしているのですが、まだバットが重たくて振れなくて。だから最後に手先で操作してしまって、引っかけるケースが多いです」

バットの重さばかりは、練習のなかでバットを振り込んで慣れるしかない。ただ、まだ中学に進学したばかりで、体の成長期もこれからだ。きっと乗り越えられる壁だろう。今回出場するアジア大会はその壁を越えるきっかけになるだろう。

「色んな地方から選手が集まると思いますが、仲良くしたいですし、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです」

メンバーが限られている中、連戦を勝ち抜くのに、松澤のような選手は大事だ。どんな形でチームに貢献するか。

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

【茨城】19日に抽選会!県内12連勝中の常総学院に対抗するのは?<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得