試合レポート

【春季千葉県大会】専大松戸の梅澤翔大が連投でまさに「エース」の活躍!注目の1年生・吉岡伸太朗は公式戦初出場で2安打1打点と早くも存在感!

2024.04.29


専大松戸 梅澤 翔大投手(3年)

<千葉県高校野球春季大会:専大松戸5-2市立柏>◇28日◇第1試合◇千葉県総合SC野球場

専大松戸のエース右腕・梅澤 翔大投手(3年)が116球2失点で完投勝利をあげ、ベスト4入りを決めた。

初戦となった木更津総合戦との2回戦では、10回タイブレークをものともせず投げ切り完投勝利。3回戦の千葉明徳戦でもリリーフで登板して勝利を呼び込む好投を呼び込むなど、持丸 修一監督が「これがエース」と口にしていた言葉通りの活躍を見せている。

序盤は「思ったよりも腕を振れていなかった」と2点を失ったが、一気にギアを上げてからは尻上がりに調子をあげ、市立柏打線に反撃の隙を与えなかった。「ストレートと変化球を同じように投げることを意識した」という投球フォームも、持丸監督と試行錯誤を重ね、改善を試みた。この日は2四球を出したものの課題の制球力も少しずつ改善され、持ち味の力強いストレートは自己最速の149キロを計測し、13個の三振を奪った。「後半は空振りを取れることも多かった」と好感触を掴んでいるが、「後半のような投球を、力を入れない状態でもしていきたい。この感覚で9イニング投げられる体力もつけていきたい」とさらなる成長を誓った。

エースの力投に応えた打線で光ったのは1年生ながらスタメン入りを果たした吉岡 伸太朗内野手(1年)。白井中央ボーイズ時代には、9年ぶりの夏の全国大会出場に貢献。180センチに迫る身長と90キロを超える恵まれた体格を武器とする期待のルーキーだ。第二打席で2死1、2塁のチャンスを迎えるとセンター方向へ鋭い打球を飛ばし、公式戦初安打初打点を記録。5回の第三打席でもライトへヒットを放つなどマルチ安打でスタメン起用に応える活躍を見せていた。早くも光るものを見せた吉岡は、専大松戸打線の中核を担うバッターとして今後の成長に期待がかかる。

次戦は11年ぶりに夏のAシード入りを果たした千葉英和と対戦する。勝利すれば関東大会が決まり、春連覇へ王手をかけることとなる。

〈関連記事はこちら〉
千葉に逸材集まる! 12球団スカウトが熱視線・200センチの大型右腕、センバツで活躍の好ショートらに注目!【春季千葉県大会注目選手リスト】

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?