試合レポート

【東京六大学】立教・大越 怜が初登板で白星! 父は元ダイエーの大越基氏、父の母校・早稲田大相手に快投見せる!

2024.04.15


先発した立教大・大越 怜投手(3年・東筑)

<東京六大学春季リーグ戦:早稲田大1-3立教大>◇14日◇第1試合◇明治神宮野球場

開幕戦を3-1で早稲田大が勝利し、迎えた2戦目。立教大の先発・大越 怜投手(3年・東筑)がリーグ戦初登板で5回2安打1失点と試合を作り、勝利投手に。立大は星を1勝1敗の五分に戻した。

先発した大越は、元ダイエーの大越 基氏を父に持つ。最速144キロのストレートとキレのあるカットボールを軸にテンポよく投げ込み、58球の省エネ投球でチームを勝利に導いた。父・基氏の母校でもある早稲田大との対戦に、「左バッターが多いので、どれだけ外と内を投げ込めるかを意識していた」と対策を練っていたことが功を奏した。実際にマウンドにあがると、「応援が耳に入って緊張もあったが、バックの皆さんが守ってくれたおかげで投げやすかった」と振り返る。親子2代でのリーグ戦勝利投手に、「父がプレーしていた神宮のマウンドで、初めて投げられたことはすごく良い経験」と喜んでいた。

チームにとっても、木村 泰雄監督が就任後リーグ戦初勝利をあげ、メモリアルな1勝となった。「一つ勝ててホッとしている」と胸をなでおろした木村新監督が狙うのは、勝ち点奪取。初戦のリベンジに成功したチームは、その勢いのまま連勝を目指していく。

一方の早稲田大はリーグ戦初登板の宮城 誇南投手(2年・浦和学院)が6回を投げ3失点と試合をまとめたが勝利とはいかなかった。小宮山 悟監督は、4回に2点を奪われた場面を振り返り、「次の打者が投手だということを考えると、8番で勝負するならば絶対に抑えないといけなかった」と苦言を呈した。3回戦に向けては、「打ち勝ちたい。スカッとするような打線爆発を願っています。」と選手たちに奮起を促していた。

〈関連記事はこちら〉

◇立教大の新入生に高校日本代表の主将、センバツ優勝の遊撃手、大阪桐蔭のセカンドなど甲子園のスターたちが加入!

◇立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.26

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26

【宮城】仙台育英が投打に圧倒して5大会連続28回目のV<春季県大会>

2024.05.26

【佐賀】佐賀北、龍谷、佐賀商、鳥栖工が4強入り<NHK杯>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商