試合レポート

【関西学生】同志社大が好調の京都大を振り切る!両チームで外野手登録の選手が登板する珍事も

2024.04.14


大迫陽斗(同志社大)

同志社大と京都大の1回戦は同志社大が7対5で先勝。この試合では両チームで外野手登録の選手がマウンドに上がる珍事が起こった。

まずは同志社大の大迫 陽斗(3年=小樽双葉)。4対1と3点リードの6回表に一死三塁のチャンスで代打に送られた。ストレートを狙っていたという大迫は2ボールから内角のストレートをセンターに打ち返してキッチリと犠牲フライ。貴重な追加点を奪った。

すると、その裏にはマウンドへ。左腕の大迫は左打者である京都大の3番・中井 壮樹(3年=長田)に対してのワンポイントという形で送り出された。

大迫は中井を1球でセンターフライに打ち取ると、これで出番は終了。清川 大雅(4年=花巻東)にマウンドを託して、ベンチに下がった。

指定校推薦で同志社大に入学した大迫は外野手をメインとしつつ、打撃練習の合間に投球練習を行っているという。昨秋にリーグ戦デビューして、投手として5試合に登板。打席にも2度立ち、1安打を放っている。

「好きなのはバッティングなんですけど、試合に出られるならどこでも良いです」と語る大迫。代打兼左のワンポイントという選手は全国的にも珍しいだろう。

8回表、1対7と劣勢に立たされた京都大のマウンドに上がったのは右翼手としてスタメン出場していた中井。翌日に備えて投手陣を温存する目的で1年秋以来、2度目の公式戦登板となった。

普段は投手としての練習を全くしておらず、オープン戦での登板もなかった中井。それでも1番から始まる同志社大の攻撃を三者凡退に打ち取った。全力で投げれば140キロは出るそうだが、「ストライクを取らないといけないので」とコントロール重視の抑えた投球で、この日の最速は132キロ。打線の中心人物である中井は投手でも非凡なところを見せつけた。

中井の好投で流れを引き寄せた京都大は8回裏に4点を奪って2点差に迫る。すると中井は右翼に戻り、主力投手の一人である西宇 陽(4年=大教大池田)にマウンドを託した。

勢いが止まらない京都大は9回裏にも無死満塁と長打が出れば、一打逆転サヨナラのチャンスを作り、中井に打席が回る。しかし、外角の変化球を振らされて空振り三振。後続も倒れて、逆転勝利とはならなかった。

打撃に関してはあまり調子が良くないという中井。「調子が悪いなりにやっていきたいと思います」と次戦に向けて気持ちを切り替えていた。

関西の大学野球ではこの二人以外にも大阪商業大の板谷 朋生(3年=高知中央)、中山 優月(1年=智辯学園)、大阪経済大の横山 楓眞(1年=明石商)など二刀流で活躍する選手が増えてきている。マルチに活躍する選手たちの活躍に今後も要注目だ。

<関連記事>
◆【関西学生】4年生のリーグ戦初安打が関西学院大に今季2度目のサヨナラ勝ちを呼び込む
◆関西大学球界ドラフト候補11人! ドラ1競合必至の剛腕から”隠し玉”まで2024年も大豊作!
◆【一覧】関西学生リーグ野球部 新入生
◆【一覧】24年ドラフト候補 大学生リスト
◆【2024ドラフト展望・大学生野手編】青学ドラ1コンビから本塁打のスラッガーなど注目9選手を紹介!
◆2024年大学生ドラフト候補<投手編>目玉は2人!1位競合もありえる「剛球右腕」と「高完成度左腕」!

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?