News

”令和の三冠王”が45打席ノーアーチ、ヤクルト村上の復活はいつだ!?

2024.04.12


ヤクルトの村上 宗隆内野手(九州学院出身)に1発が出ない。11日の巨人戦でも4打席無安打。これで開幕から実に45打席、本塁打がないことになった。

この日は先発の菅野 智之投手(東海大相模出身)と対戦。第1打席では、徹底した内角低め攻めを受けて、最後はやや外角よりの球を捉えたが、中飛に終わった。いい角度で上がっていったが、芯ではなかった。

第2打席は四球。ここでも低めをしっかりつかれて打つべき球はこなかった。第3打席は150キロの直球を内外角に散らされて、最後は内角スライダーをハーフスイングで空振り三振。手を出すべき球ではなかった…。そう心の中でつぶやいているのか、肩を落としてベンチに下がる村上の姿が印象的だった。

第4打席はドラフト1位ルーキーの西舘 勇陽投手(花巻東出身)と対戦。150キロを超える直球に、キレのいいカットボールを両コーナーに投げ分けられ、最後はフルカウントからやや外より低めのカットボールをたたいたが、力なく二ゴロに終わった。

ベテランの投球術とルーキーの勢いの前に、この日も本塁打が生まれなかった。

2022年は「令和の三冠王」に輝き、56本の本塁打をマークした。その驚異の左打者はしかし、今季は開幕から本塁打なしの自己ワースト記録を更新し続けてしまっている。リーグトップの13四球を選び、自分の打撃を崩さず、出塁でチームに貢献し続けているが、ここ5試合で13打数2安打という数字は寂しい限りだ。

いつになれば村上のバットから放物線が生まれるのだろうか。実は、本塁打だけでなく、まだ打点もゼロである。不調だったと言われる昨年も31本塁打、84打点をマークした「三冠王」が、苦しみもがいている。開幕から10試合を消化して最下位に沈んでいるヤクルトの浮上は、村上のバットにかかっている。

<関連記事はこちら>
◆プロ野球 開幕から活躍を続ける「5人のルーキー投手」の“今後”はどうなる!? 元プロが診断するスゴさと課題
◆村上 宗隆(ヤクルト)は、史上「超最速」の200号にカウントダウン
◆山田 哲人(ヤクルト)、「Mr.トリプルスリー」が通算300号にあと15本

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】